@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アレクシオス(1世)【あれくしおす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

アレクシオス(1世)
あれくしおす
Alexios Komnenos
(1048―1118)
ビザンティン帝国皇帝(在位1081~1118)。小アジアの大土地所有豪族の出で、イサキオス1世Isakios (?―1061、在位1057~1059)の甥(おい)。マケドニア朝断絶(1056)後の内憂外患の混乱期に軍名を馳(は)せ、1081年ニケフォロス3世Nikephoros (在位1078~1081)を廃して登位、コムネノス朝(1081~1185)を開いた。アドリア海岸からのノルマン人侵入をベネチアとの同盟で退け(1081~1084)、トルコ系遊牧民クマン人を買収し傭兵(ようへい)としてペチェネグ人に壊滅的打撃を与え(1091)、首都コンスタンティノープルをねらうセルジューク・トルコの脅威にもよく対抗した。さらに、自らの援助要請にこたえて到来した第1回十字軍(1096~1099)を利用して小アジア西部の失地をトルコ人の手から回復、ノルマン人の再度の侵入(1107~1108)も防ぐなど、その軍事的、政治的手腕を発揮して帝国を立て直した。しかし、従来の大土地所有抑制の原則を捨ててプロノイア制をとったことは、帝国のいわゆる「封建化」を促進させた。また、1082年に援軍派遣の代償としてベネチアに帝国港湾での関税免除の特権を与えたことは、帝国の海上覇権を損ない、帝国衰退の遠因の一つとなった。
 皇女アンナ・コムネナが敬愛する父帝の生涯と治績を記した『アレクシアス』は、同帝とその治世に関する貴重な史料である。[後藤篤子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

アレクシオス(1世)
AlexiosⅠ
1048〜1118
ビザンツ帝国の皇帝(在位1081〜1118)
小アジアがセルジューク朝に奪われたため,ローマ教皇ウルバヌス2世に十字軍派遣要請。これを利用して小アジアを回復した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アレクシオス(1世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アレクシオス(1世)の関連情報

関連キーワード

永保アレクシオス[1世]永保成尋承暦禅林寺成尋阿闍梨母集覚尋成尋(1)相実

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation