@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アレグロ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アレグロ
allegro
音楽用語。イタリア語で「朗らかな」「快活な」の味。本来は発想用語であったが,次第にプレスト (「きわめて速く」の意) に次いで早い速度を意味するようになった。転義して,同上の速度で書かれた楽章楽曲をさす (例:アレグロ・バルバロ) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アレグロ
allegro
バレエ用語。速い音楽伴奏に,軽快に踊る一連のパ (ステップ) をいう。基礎練習の1つでもある。アントルシャカブリオル,アサンブレ,ジュッテなど跳躍のパはすべてこれに属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アレグロ
あれぐろ
allegro イタリア語

「快速に」を意味する音楽の速度標語。イタリア語のallegro(愉快な、陽気な)を語源にもつ。16~17世紀を通じては、概して語源どおりの表情を示す発想標語として使用されていた。速度標語としては、1611年にイタリア人バンキエリが彼の作品に用いたのが最初であろう。アレグロはまた、ソナタや交響曲における速いテンポの第1楽章や終楽章を意味する用語としても用いられる。

[黒坂俊昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アレグロ
〘名〙 (allegro)⸨アレッグロ・アッレグロ⸩ 音楽の演奏速度を示す語。陽気に、軽快にの意で快速に演奏することを指示。転じて、その速さで演奏される楽曲、または楽章。〔洋楽手引(1910)〕
※生れ出づる悩み(1918)〈有島武郎〉五「誰にでも激烈なアレッグロで終る音楽の一片を思ひ起さすだらう」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アレグロ(〈イタリア〉allegro)
音楽で、速度標語の一。軽快に速く、の意。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アレグロ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アレグロの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation