@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アレッサンドリ・パルマ【あれっさんどりぱるま】

日本大百科全書(ニッポニカ)

アレッサンドリ・パルマ
あれっさんどりぱるま
Arturo Alessandri Palma
(1868―1950)
チリの大統領(在任1920~1925、1932~1938)。28歳で自由党エラスリス派の下院議員として初当選して以来、政界で活躍した。1918年の上院議員選挙で精力的な選挙戦を展開したところから「タラパカ(州)のライオン」の異名をとった。1920年、急進党、自由党の一部、民主党からなる自由同盟から大統領選挙に出馬、社会改革の実施を訴えて当選し、在職中はチリの近代政治、社会制度の確立に努めた。1924年、労働時間制限、児童・婦人労働の規制、社会保障の導入、労働組合の合法化などを規定した労働法を制定した。同年9月、右派軍部の圧力により亡命したが、翌1925年1月、革新派軍部の無血逆クーデターにより復帰し、旧秩序の打破と国民の民主的権利を規定した1925年憲法を公布した。しかし、世界大恐慌後の左翼勢力台頭のなかで成立した第二次政権では、著しく保守化し、とくにその経済安定政策の導入は国民の不評を買い、「飢餓内閣」と称され、人民戦線政府へ道を譲った。[後藤政子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

アレッサンドリ・パルマ
生年月日:1868年12月20日
チリの大統領(20〜24,25)
1950年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アレッサンドリ・パルマ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アレッサンドリ・パルマの関連情報

関連キーワード

グローバルアドレス大恐慌コンモドゥスサブネットマスク牧野省三健康余命サブネットマスク静的IPマスカレードギガナビス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation