@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アレッツォ焼【アレッツォやき】

世界大百科事典 第2版

アレッツォやき【アレッツォ焼】
前30年ころから後40年ころまで,イタリア中部のアレッツォを中心につくられた陶器。よく精製された陶土を用いたテラコッタであるが,薄く硬い陶器であるため,テラコッタとしては焼成温度は高かったと推定される。器の表面には赤褐色系の光沢のあるスリップ(クリーム状にうすめた陶土)がかかり,釉薬をかけたかのような平滑さを有している。この陶器は大きく3グループに分類される。(1)装飾モティーフを陰刻した母型で成型された浮彫装飾を有するグループ,(2)ろくろを用いて成型した後に,母型によって作った装飾モティーフを貼り付けたグループ,(3)無装飾のグループ,である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アレッツォ焼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アレッツォ焼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation