@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アレニウス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アレニウス
Arrhenius, Svante August
[生]1859.2.19. ウプサラ近郊ウィジク
[没]1927.10.2. ストックホルム
スウェーデンの化学者,物理学者。ウプサラ大学で物理,数学,化学を修め,ストックホルム大学で電気分解について研究。希薄溶液の電導度測定と電離理論についての論文をウプサラ大学に提出し,1884年学位取得。この論文で,電解質である物質が水に溶解した際に解離して荷電イオンとなることを提案したが,当時この電離説は受入れられず,わずかに F.W.オストワルトらに認められたにすぎなかった。その後浸透圧に関する J.H.ファントホフの理論との親和力についてのオストワルトの理論は彼の電離説と一致することがわかり,広い支持を得るようになった。ストックホルム大学の講師 (1891) ,物理学教授 (95) ,学長 (97) 。 1905年ベルリン大学の招きを辞退して,彼のために設立されたノーベル物理化学研究所所長として,研究と著述活動を続けた。反応速度の研究では,大きなエネルギー (活性化エネルギー) をもった反応しやすい「活性分子」の概念を導入して,反応速度と温度の影響を定化 (アレニウスの式 ) ,電離説を用いたショ糖の転化速度の研究があり,その他毒素の研究,宇宙構造論の研究も知られている。当時の化学者にはまれにみる統計的感覚と定式化する能力をあわせもち,化学の問題に物理と数学を導入して仮説を立てた。オストワルト,ファントホフとともに現代の物理化学の基礎を築いた。 03年ノーベル化学賞受賞。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アレニウス(Svante August Arrhenius)
[1859~1927]スウェーデンの物理化学者。電場をかけなくても電解質水中イオン解離しているとする電離説を提唱。また、温度と化学反応速度との関係についての式も提唱。1903年、ノーベル化学賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アレニウス【Svante August Arrhenius】
1859‐1927
スウェーデンの物理化学者。電解質溶液の電離説を提唱し,F.W.オストワルト,J.H.ファント・ホフらとともに物理化学の建設に主導的な役割を果たした。これらの業績により,1903年ノーベル化学賞を受けた。ウプサラ大学で物理学を学び,1884年希薄電解質溶液の電気伝導に関する研究で学位を得た。この学位論文の中には,後の電離説のひな型といえる〈電気伝導性を示す活性分子〉という考えが述べられている。86年に発表されたファント・ホフの浸透圧に関する論文の中に自説を強く支持する結果が含まれていることを知り,87年の論文の中で溶液中の電解質が成分イオンに解離していることを明確に主張し,電気伝導度と氷点降下から求めた電解質の解離度が互いによく一致することを示した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アレニウス【Svante August Arrhenius】
1859~1927 スウェーデンの物理化学者。1883年電解質溶液の電離説を発表、水素イオンを出す物質が酸であり、水酸イオンを出す物質が塩基であるという酸塩基理論を提出した。反応速度・気象電気・宇宙構造論などの研究もある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アレニウス
あれにうす
Svante August Arrhenius
(1859―1927)
スウェーデンの物理化学者。オストワルト、ファント・ホッフらに協力して「物理化学」の新領域を開拓した。2月19日、ウプサラ付近の土地管理人でウプサラ大学の理事になったこともある父の二男として生まれる。17歳でウプサラ大学に入学し、やがて学位論文のテーマに物理学を選んだが、指導教官とあわず、1881年にストックホルムへ移った。そこで電解質溶液の電気伝導度の研究を行い、1884年に学位論文としてウプサラ大学に提出した。この論文で彼はすでに独特の電離説、すなわち電解質が水中でイオンに解離しているとする説を展開していたが、高い評価を得られず、深く失望した。イオン解離説というような破天荒な考えは、当時「化学でもなければ物理学でもなかった」のである。その価値と重要性をいち早く評価し、世に紹介したのは、まさにそのころファント・ホッフと協力して「物理化学」という新領域を開拓しつつあった大オストワルトであった。こうしてアレニウスはオストワルト、ファント・ホッフと「イオン主義者」ionists三人組を構成し、イオン説の普及、宣伝に努めるとともに、ライプツィヒ学派の中心人物の一人として、物理化学の拡大、強化に献身することとなった。やがて1895年ストックホルム工科大学の物理学の教授に任命され、1896年から1905年まで同大学学長の任にあった。この間1903年にはその「電離説による化学の進歩への重大な貢献」に対してノーベル化学賞が授与された。彼をいち早く評価して世に紹介したオストワルトの受賞(1909)に先だつこと6年である。アレニウスのイオン解離の思想は、やがてビエルムN. J. Bjerrum(1879―1958)、デバイ、ヒュッケルらの強電解質理論へと展開していくことになる。1905年アレニウスはベルリン大学からの招きを辞退したあと、同年に新設されたノーベル研究所の物理化学部長となり、1927年10月2日の死去までこの地位にあった。
 アレニウスの名を不朽にしているもう一つの業績は、化学反応速度と温度の関係についての、いわゆるアレニウスの式の提唱である。1889年の「酸によるショ糖の転化速度」の研究で、反応速度が温度とともに指数関数的に増大することを論ずるなかで、いわゆる活性化、あるいは活性化エネルギーの概念を導入したが、これは現代反応速度理論の体系化への道を開くものとなった。彼は反応速度と温度の関係を導くにあたって、ファント・ホッフが定式化した化学平衡の理論を採用した。速度過程を平衡状態の問題に連関させるこの手法は、のちにアイリングらの絶対反応速度理論へと発展していく。晩年の25年間、アレニウスの興味は地学、気象学、宇宙論、さらには免疫学から生物学にまで及び、これらの領域を、当代の物理学と化学、さらにいうならば自らの開拓した理論化学(物理化学)の諸法則により解釈しようとした。彼は、当時ようやく確立した熱力学の第一法則(エネルギー保存則)、第二法則(エントロピー増大則)と整合性を保つ宇宙論の樹立を企図し、エントロピー減少過程のある星雲の存在を考察したりした。[中川鶴太郎]
『アレニウス著、寺田寅彦訳『史的に見たる科学的宇宙観の変遷』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アレニウス
(Svante August Arrhenius スバンテ=アウグスト━)⸨アルレニウス⸩ スウェーデンの物理化学者。一八八七年「水溶液中における諸物質の解離について」の論文で、電離説を決定づける。一九〇三年ノーベル化学賞を受賞。(一八五九‐一九二七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

アレニウス
アレニウス
Arrhenius, Svante August

スウェーデンの物理化学者.17歳のときウプサラ大学に入学,とくに数学において非凡な才能を発揮した.1884年ウプサラ大学に学位論文“希薄電解質溶液の電気伝導に関する研究”を提出.この学位論文のなかには,のちの電離説につながる電気伝導性を示す活性分子という考え方が示されている.1887年溶液中の電解質が成分イオンに解離していることを明確に主張し,電気的解離の理論(電離説)を創始した.この業績により,1903年ノーベル化学賞を受賞.1886~1890年F.W. Ostwald(オストワルト),F.W.G. Kohlrausch,L. Boltzmann,J.H.van't Hoff(ファントホッフ)らのもとでそれぞれ研究を行った.この間,電離説を完成させ,化学反応の分野でも活性分子,活性化エネルギーの概念を導入し,1889年反応速度と絶対温度との関係を示した式を発表した(アレニウス式として知られている).1889年ウプサラ大学に戻り,生理学者O. Hammarstenの実験室で研究をした.1902年にはドイツのP. Ehrlich(エールリヒ)のもとで研究し,物理化学の面から免疫化学にも寄与している.1895年ストックホルムの高等専門学校(現ストックホルム大学)の教授,続いて学長となった.1905年に創設されたノーベル物理化学研究所所長に就任,1909年には実験室が開かれ,物理化学,生理化学,免疫化学,気象学,宇宙物理学など広い科学分野を研究し,死去の数か月前まで所長の任にあった.晩年は科学知識普及のための執筆活動に努めた.大気中の二酸化炭素濃度の変動による気温の変化を最初に指摘したことでも有名である.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アレニウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アレニウスの関連情報

関連キーワード

ビラフランカの和議余計者光の科学史インド大反乱川本幸民岡田普理衛ゼーバッハデカルソンデントンヘットナー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation