@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アレルゲン

栄養・生化学辞典

アレルゲン
 I型即時型免疫過敏症(アレルギー)を引き起こすことのできる抗原.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アレルゲン【allergen】
ヒトにおける気管支喘息(ぜんそく),花粉症などのアレルギー性疾患もしくはアレルギー反応をひき起こす抗原物質をいう。1906年ピルケーClemens Pirquet(1874‐1929)が,異物侵入をうけたあとでその異物に対する生体の反応性が変化することをアレルギーと名づけ,その異物をアレルゲンと呼んだ。現在では,おもに免疫グロブリンIg E型抗体による即時型アレルギーの発生に関与する抗原をアレルゲンと呼ぶ場合が多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アレルゲン
あれるげん

生体にアレルギーを引き起こす原因となる物質(抗原)。アレルギー物質ともよばれ、広義にはアレルギーを誘発する抗原を含む物質そのものも含まれる。アレルギーとは、体外からの侵入物質や生体内で生成された特定の物質に対して過剰な反応が起こることで、これには多くの種類がある。そのため原因となるアレルゲンも多様である。代表的なものは空中に飛散する花粉やハウスダスト、ペット動物の毛垢(ふけ)やダニなどである。アレルゲンとなる花粉にはスギやヒノキ、ブタクサ、カモガヤ、ヨモギなどの種類があり、これらを吸入することでアレルギーを発症する。吸入アレルゲンにはほかに、カビなどの真菌、トルエンやメチレンなどの化学物質などがある。ユスリカ、スズメバチ、ガなどの昆虫もアレルゲンとなる。またウルシなどの接触アレルゲンのほか、薬剤も薬物アレルギーのアレルゲンとなる。ほかに食物によって誘発される食物アレルゲン(食事性アレルゲン)などがあり、食品には、卵、牛乳、ソバ、落花生などの特定原材料について、食物アレルゲンを含む食品として表示するよう義務づけられているものもある。農業や工業など特定の職業に従事する人にアレルギーを引き起こす原因物質は職業性アレルゲンとよばれ、農薬やニッケルなどがある。特異的なアレルゲンを同定するには、皮膚テスト(プリックテスト、スクラッチテスト、金属パッチテスト)のほか、血中の特異的IgE抗体検査などのアレルゲン試験を行う。

[編集部 2016年7月19日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アレルゲン
〘名〙 (Allergen) アレルギー反応をおこす物質のこと。室内塵、花粉などの吸入性アレルゲン、大豆や牛乳などの食餌性アレルゲン、金属やゴムなどの接触性アレルゲンなど。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

アレルゲン
アレルゲン
allergen

アレルギーを引き起こす物質.たとえば,花粉,じんあい,食物,薬物,繊維,抗生物質抗血清などがある.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アレルゲン(〈ドイツ〉Allergen)
アレルギーの原因となる抗原物質。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アレルゲン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アレルゲンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation