@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アロプリノール

栄養・生化学辞典

アロプリノール
 C5H4N4O (mw136.11).

 キサンチンオキシダーゼの阻害剤で,尿酸の生成を阻害することから,痛風腎臓結石の治療に用いられる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あろぷりのーる【アロプリノール】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アロプリノール
あろぷりのーる
allopurinol
高尿酸血症、痛風、尿路結石の治療薬で、化学的にはヒポキサンチンの立体異性体である。低濃度では競合的に、高濃度では非競合的にキサンチンオキシダーゼを阻害する。その結果、血中および尿中の尿酸値が著明に低下する。1日0.2~0.3グラム内服する。劇薬で、極量は1回0.2グラム、1日0.6グラム。[幸保文治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アロプリノール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アロプリノールの関連情報

関連キーワード

ヒポキサンチンプリン塩基ヒポキサンチンヒポキサンチンアニスアルデヒドピネンヒノキチオールフェニル酢酸

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation