@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アロマコロジー【あろまころじー】

知恵蔵

アロマコロジー
芳香を意味するアロマ(aroma)と、心理学サイコロジー(psychology)を組み合わせた造語。近年、生理学の分野に踏み込んだ研究が盛んになり、芳香の生理・心理学を指す。各種のホルモンや免疫物質を計測することで、ある種の香りがストレスでバランスを崩したホメオスタシス機能を調節する働きを持つことが実証されている。うつ病などの患者に対して、香りが一定の改善効果を持つことも報告されている。
(三浦志郎 資生堂ビューティーソリューション開発センター所長 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

アロマコロジー(aromachology)
芳香心理学。香りが人の心理に与える、ストレス緩和、リラックス眠気をさます、などの効果の研究。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アロマコロジー
あろまころじー
aromacology
香りを意味するアロマaromaと心理学を意味するサイコロジーpsychologyと生態学を意味するエコロジーecologyを合成したことば。1986年ニューヨークの嗅覚(きゅうかく)研究財団の研究員であるアネット・グリーンAnnette Greenによって提唱された造語で、香りが人間や動物に及ぼす生態学的・心理学的効果の研究・応用を意味する。ハーブの一種であるラベンダーの香りをかぐことで、リラックスしたときにみられるα(アルファ)波や徐波などの脳波が多く出たり、レモンの香りによって集中力を高めたり、あるいはハトの糞(ふん)による汚染防止にバラの香りでハトを遠ざけるなど、人間環境のなかに香りを取り入れ、その香りがもつ効果を応用しようとするものである。[森田洋子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アロマコロジー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アロマコロジーの関連情報

関連キーワード

アロマオイルバスクリン芳香族性アロマテラピー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation