@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アンカラの戦い【アンカラのたたかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アンカラの戦い
アンカラのたたかい
1402年7月,アンカラ北郊バヤジッド1世の率いるオスマン帝国軍とチムール (帖木児)のトルコ・モンゴル軍との間に行われた決戦。オスマン軍の敗北に終り,バヤジッド1世は捕虜となった。戦後 12年間オスマン朝は中絶した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アンカラの戦い
あんからのたたかい
Ankara
1402年にティームールとオスマン・トルコのバヤジト1世との間に行われた戦い。バヤジト1世がティームールに味方した小アジアの諸侯を圧迫し、とくにシバス侯国を攻撃したので、ティームールはインド象軍を含む15~16万の大軍を率いて小アジアに侵入し、バヤジト1世は7~8万の兵力をもってこれを迎えた。戦いは7月20日、アンカラ北方のチュブク草原で早朝から夜にかけて行われたが、トルコ軍のなかにはティームール側へ寝返るものが続出し、バヤジト1世の親衛軍団イェニ・チェリもほとんど全滅してトルコ軍は大敗した。バヤジト1世は逃げる際に乗馬が倒れて捕虜となり、檻(おり)に入れられて連行されたが、翌1403年病死した。一説には自殺したともいう。こののちバヤジト1世の遺子の間にスルタン位をめぐる争いが起こって、約10年間空位時代が続き、オスマン・トルコ領は分裂して、その発展が一時遮られた。
 戦いの原因について、これは、ティームールに敵対したトルコ系黒羊部(カラ・コユンル)の族長をバヤジトが保護したために起こったという説もある。[護 雅夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

アンカラの戦い
アンカラのたたかい
1402年7月,ティムールがオスマン帝国のスルタン,バヤジット1世を破った戦い。アンゴラの戦いともいう
アンカラの北方チュブク草原で戦われ,ティムール軍にはインドの象隊も参加した。バヤジットは落馬して捕虜となり,オスマン帝国は,一時滅亡にひんした。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンカラの戦い」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンカラの戦いの関連情報

関連キーワード

建文帝バヤジト[1世]アンカラの戦バヤジト[1世]建文帝建文帝バヤジッド1世ビスコンチ建文帝ティームール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation