@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アンカラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アンカラ
Ankara
トルコ首都。 1930年まではアンゴラ Angoraと呼ばれた。標高平均 900mの中央アナトリア高原の北端,サカルヤ川支流アンカラ川沿岸に位置する。前 25年以後,ローマ帝国のガラティア州の首都。その後ササン朝,アッバース朝,セルジューク朝,イルハン朝,そのほかの勢力下に置かれたのち,1360年オスマン朝の領土となった。 1402年アナトリア戦役で一時チムールに奪われたが,1403年再びオスマン朝に復帰,その通商基地の一つとして存続した。 1923年 10月にケマル・アタチュルク共和国の新首都に定めてから急速に発展した。トルコでは最もヨーロッパ化された都市である。北部の旧市街はモスク,城塞,遺跡などを中心に商業地区を形成し,都市計画によって整備された南東,南西部の新市街は,官庁,大学,外国公館,ホテル,高級アパートなどヨーロッパ風の建物が立ち並び,近代化されている。アナトリア文明博物館はヒッタイト遺物の収集で有名。郊外には有名なアタチュルク廟がある。気候は冬季は平均-2℃,夏季は平均 30℃であるが,夏季では1日の温度差が非常に大きい。1年を通じて降雨はきわめて少ない。アンゴラネコ産地であり,アンゴラヤギの毛 (モヘア) とその製品の産地として有名。近郊には絨毯,セメント,煉瓦,ビールなどの工場があり,蜂蜜,果物,農産物なども集散する。アナトリア内陸交通の中心で,鉄道,ハイウェー網が縦横に走り,近郊にエセンボア国際空港がある。人口 422万3398(2011)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アンカラ(Ankara)
トルコ共和国の首都。アナトリア高原にある。1923年、共和国の成立時にイスタンブールに代わって首都になる。アンゴラヤギの産地。ローマ時代の遺跡が多い。旧称アンゴラ。人口、都市圏395万(2007)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アンカラ【Ankara】
トルコ共和国の首都。人口278万(1994)。アナトリア高原の中央部に位置し,標高は800~1000m。盛岡市とほぼ同緯度にあり,気候は大陸性で湿度は年間を通じて低い。以前はアンゴラAngora,またエンギュリュEngürüとも呼ばれた。中部アナトリアの特産であるアンゴラヤギの名は,この名に由来する。都市としての歴史は古く,その起源をヒッタイト時代に求める説もある。アナトリアの通商路の要衝として繁栄したアンカラは,ラテン・ギリシア世界ではアンキュラAncyraの名で呼ばれ,前25年ローマ帝国に併合され,やがてローマ都市としての景観を整えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アンカラ
あんから
Ankara

トルコ共和国の首都。小アジア半島中央北部、アナトリア高原上に位置する。アンカラ県の県都でもある。人口320万3362(2000)。サカルヤ川上流のアンカラ川およびチュブク川に沿い、安山岩からなる丘陵が取り巻く。標高約850メートル。気候は乾燥し、年降水量は402.5ミリメートル。気温の年較差は大きい(平均気温7月23.1℃、1月零下0.2℃)。ケマル・アタチュルクによって首都に定められた当時は人口3万に達せず、市街地も北部のヒサール(城塞(じょうさい))の麓(ふもと)のウルス地区付近に限られていたが、その後都市計画が施され、南北に走るアタチュルク通りを幹線にして、クズライ地区、チャンカヤ地区などの新市街が建設された。これらの新市街は高層ビルや公園もあって町並みも美しいが、丘陵部にはゲジェコンドゥ(一夜(いちや)建て)とよばれる庶民住宅が無計画に建てられている。トルコの政治、交通、学術、文化の中心で、新市街には国会議事堂、政府諸機関、外国公館などがあり、アンカラ大学、中東工科大学、考古博物館、民俗博物館なども存在する。道路、鉄道交通の要衝で、エセンボア国際空港は北30キロメートルに位置する。製粉、食料品、車両などの工業もみられ、史跡としてはローマ時代の浴場跡、アタチュルクの廟(びょう)などがある。冬には暖房用石炭によるスモッグ公害が発生する。

[末尾至行]

歴史

古典ギリシア語、ラテン語ではアンキラAncyra、現代ギリシア語ではアンゴラAngoraという。都市の起源は古く、先史時代にさかのぼる。現在アタチュルク廟のあるアヌ・テペには、多数の住居趾(し)が発見されている。その後ヒッタイトの都市となり、さらにガラテヤ人の支配下に入った。アレクサンドロス大王は南方のゴルディオンを通過した。アレクサンドロスの帝国分裂後はポントス王国領となったが、紀元前25年ローマ帝国領に編入された。ローマ帝国のアナトリアの拠点として、アウグストゥスの功績を記した宮殿やローマ風呂(ぶろ)が建設された。ビザンティン帝国時代にはペルシアやアッバース朝の攻撃を受けた。11世紀ごろセルジューク・トルコの支配下に入り、オスマン朝は1361年にこの町を占領した。1402年バヤジト1世は、北方のチュブク草原でティームールに敗れ(アンカラの戦い)、アンカラを一時失ったが、まもなくオスマン朝に回復された。その後、城塞を中心にアナトリアの交通、商業の拠点として繁栄した。第一次世界大戦後ムスタファ・ケマル・パシャ(ケマル・アタチュルク)は、大国民議会をアンカラに招集した。1923年トルコ共和国の成立がこの町で宣言され、首都となった。以後、トルコ共和国の政治的中心地として、今日に至っている。

[設楽國廣]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アンカラ
(Ankara) トルコの首都。一九二三年、共和国の成立時にイスタンブールに代わって首都になる。ヨーロッパとアジアを結ぶ交通の要地。旧名アンゴラ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

アンカラ
Ankara
トルコ共和国の首都。旧称アンゴラ
隊商路の中心地として古くから知られ,前25年ローマが領有,7世紀以後はアラビア人にしばしば侵略された。12世紀半ばセルジューク朝,14世紀初めイル−ハン国,1360年オスマン帝国の属領となり,一時ティムールの攻撃で失ったが,その後回復された。1923年ムスタファ=ケマルがこの地で共和国の独立を宣言,イスタンブルに代わって首都となった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンカラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンカラの関連情報

関連キーワード

斎藤寅次郎清水宏五所平之助マキノ雅広小津安二郎エバハートキューカー島津保次郎スタンバーグ成瀬巳喜男

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation