@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アンギオテンシン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アンギオテンシン
angiotensin
アンジオテンシンともいう。血圧亢進作用のある生理活性ペプチドの一つ。腎臓の糸球体付近の細胞から分泌されるレニンが,肝臓でつくられるアンギオテンシンノーゲン (レニン基質ともいう) に働き,アンギオテンシンIを生ずる。これにアンギオテンシン変換酵素が働き,活性をもったアンギオテンシン IIになり,さらに分解が進むと不活性化される。アンギオテンシンの生理活性としては,細動脈の平滑筋を収縮させて血圧を上げる作用があり,ノルアドレナリンの数十倍にも達する。また,副腎皮質の球状帯に作用して,アルドステロンの合成と遊離を促進させる。その結果,ナトリウムの貯留から循環血流がふえて血圧の上昇が起る。また,レニンに分泌が抑制される。 (→昇圧因子 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アンギオテンシン(angiotensin)
《「アンジオテンシン」とも》肝臓から分泌されるアンギオテンシノーゲンという物質が、腎臓から分泌されるレニンによって活性化されたもの。血管を収縮させて血圧を上昇させ、さらに副腎皮質に作用してアルドステロンの分泌を促進する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

アンギオテンシン
 アンギオテンシンI:DRVYIHPFHL

 アンギオテンシンII:DRVYIHPF

 アンギオテンシンIII:RVYIHPF

 アンジオテンシンともいう.アンギオテンシノーゲン(レニン基質)が,腎臓が分泌するプロテアーゼ,レニンによって分解して生成する.アンギオテンシンI,II,IIIがあり,IIは,デカペプチドであるIのC末端のHis-Leuの除かれたオクタペプチドで,強い血管収縮作用を示し血圧を上昇させる.さらに副腎に働いてアルドステロンの分泌を促し,Naを腎臓での再吸収を促進して血圧を上昇させる.IIIは,IIのN末端Aspが除かれたヘプタペプチドで,バソプレッシン分泌作用をもち,血圧を上昇させる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アンギオテンシン【angiotensin】
アンギオトニン,ヒペルテンシンともいう。血管収縮などの作用をもつポリペプチド。アンギオテンシンI,II,IIIの3種が知られる。アンギオテンシンIは10個のアミノ酸からなり,肝臓で産生される糖タンパク質のアンギオテンシジンにレニンが作用してつくられる。次いでアンギオテンシンIは主としてにある変換酵素で加水分解され,9個のアミノ酸からなるアンギオテンシンIIに,さらにアンギオテンシナーゼによって,アミノ酸8個のアンギオテンシンIIIに分解される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

アンギオテンシン
アンギオテンシン
angiotensin

腎性高血圧の起因物質.1939年,I.H. Pageらは,腎臓に存在する酵素レニンで生じる血圧上昇物質をアンギオトニン(angiotonin)とよび,一方,E. Braun-Menéndezらは,同じ物質をハイパーテンシン(hypertensin)とよんだので,のちに両者を合わせてアンギオテンシンと統一して命名した.1954年にアンギオテンシンは2種類の物質であることが知られ,アンギオテンシンⅠとアンギオテンシンⅡと命名された.血清のα2-グロブリン区分に含まれるタンパク質のアンギオテンシノーゲン(angiotensinogen)は,腎臓に存在するタンパク質分解酵素レニンにより,不活性のデカペプチドのアンギオテンシンⅠになり,これが血清の転換酵素により,生理的に活性なオクタペプチドのアンギオテンシンⅡになる.このアンギオテンシンⅡが,強力な血圧上昇物質で腎性高血圧の起因物質とされている.ヒトのアンギオテンシンⅡの構造は,Asp-Arg-Val-Tyr-Ile-His-Pro-Pheである.[CAS 1407-47-2]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンギオテンシン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンギオテンシンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation