@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アンコールトム

デジタル大辞泉

アンコール‐トム(Angkor Thom)
《「大きい町」のカンボジア北部、アンコールにある都城遺跡。12世紀末、クメール王朝のジャヤバルマン7世により建設。一辺3キロメートルの正方形城壁内に、王宮バイヨン寺院、ヒンズー教寺院バプーオンなどがある。1992年、アンコールの他の遺跡とともに世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

アンコールトム
インドシナ半島のほぼ全域を支配したアンコール朝王都で、「大きな町」の意味。高さ約8メートルの城壁や幅約100メートルの外環濠(かんごう)、幅約25メートルの内環濠に囲まれ、五つの城門を備えていた。最盛期人口は40万~50万人とのも。南に寺院遺跡アンコールワット(12世紀建造)がある。
(2015-12-15 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

大辞林 第三版

アンコールトム【Angkor Thom】
大きな都の意
カンボジアのトンレサップ湖の北にあるクメール人の王城遺跡。九世紀創建。現存のものは一二、三世紀に建設。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典

アンコールトム【アンコールトム】
Angkor Thom
カンボジア西部のシエムレアプ(Siem Reap)北郊にある、アンコール遺跡群(世界遺産)の中の一つ。クメール王国(アンコール王朝)のジャヤバルマン7世により、12世紀後半に建設されたといわれている。アンコールワット寺院の北にあり、一辺3kmの堀と高さ8mの城壁で囲まれた、広さ9km2の城塞都市遺跡である。城壁内の中心部には王宮跡やバイヨン(アンコール独特のヒンドゥー仏教の混交寺院跡)がある。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アンコール‐トム
(Angkor Thom 「大きい町」の意) カンボジアにある都城遺跡。一二世紀末にアンコール王朝のジャヤバルマン七世が建設。一辺三キロメートルの正方形の城壁に囲まれ、中心には仏教寺院バイヨン廟(びょう)がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンコールトム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンコールトムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation