@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アンコール朝【アンコールちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アンコール朝
アンコールちょう
Angkor
9世紀初頭から 1432年までカンボジアを中心として栄えたクメール人の王朝の総称。途中数回王位簒奪者が即位しているので単一の王朝ではないが,首都は一貫してアンコールにおかれたのでこの名で呼ばれる。アンコールはトンレサップ湖北岸の地方で,この時期は神王思想に基づく強固な王権とすぐれた機構により,強大な中央集権国家として繁栄を続けた。 32年にタイ軍の攻撃を受けてアンコールは陥落し,数年後に都はプノンペンに移された。美術史上,仏像彫刻をはじめすぐれた作品の多いこの時代をアンコール期と呼ぶ。 (→アンコール遺跡 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アンコールちょう【アンコール朝 Angkor】
カンボジアのシエムリアップ市近郊を王都に,9世紀から1432年まで栄えた古代クメール王国。アンコールとは〈都城〉を意味する梵語ナガラのクメールなまりで,王都の後世呼称である。 アンコール朝は,群雄割拠状態の国内を統一し,802年に登位したジャヤバルマン2世に始まる(インドラバルマン1世の877年から,あるいはヤショーバルマン1世の889年から,というもある)。ヤショーバルマン1世(在位889‐910ころ)はアンコールに1辺4kmの環濠都城を造営し,王にちなんでヤショーダラプラと呼称した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

アンコール朝
アンコールちょう
Angkor
802ごろ〜1432
分裂していた真臘(カンボジア)を統一し繁栄したクメール人の王国
8世紀のカンボジアは陸真臘水真臘に分裂していたが,9世紀にジャヤヴァルマン2世が統一しアンコール朝を始めた。その後王国領土を拡大し,13世紀にはマレー半島北部・タイ・ラオス・カンボジアを含む大領土を形成した。スールヤヴァルマン2世のとき,アンコール−ワットがつくられ,ジャヤヴァルマン7世のときアンコール−トムがつくられた。1432年にアユタヤ朝の攻撃によって王国は崩壊した。アンコール−ワットは,1860年代フランス人考古学者によって発掘が開始された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンコール朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンコール朝の関連情報

関連キーワード

名手荘清原良賢アンコール・ワット勘合貿易太田道灌観世元雅北条早雲メフメットサンロマーノの戦い

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation