@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アンジェ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アンジェ
Angers
フランス西部,メーヌエロアール県県都ロアール川の支流メーヌ川にのぞむ。アンジュー地方の文化,経済の中心都市。初めケルト人の一族アンデカブの中心集落であったが,カエサルに征服されてローマ領となり,9世紀末からはアンジュー家領,13世紀初頭には国王フィリップ2世によってアパナージュ (国王親族封) とされ,1481年に国王直轄領となった。フランス革命時にはバンデーの反乱の根拠地の一つとなり (1793) ,第2次世界大戦では甚大な戦禍を受けた。現在は電機,電子,機械,繊維,食品,写真などの工業が立地するほか,周辺の農産物,ワインの集散地でもあり,観光地としても有名。中世城塞の代表として知られるアンジェ城 (1228~38。高さ 40~60mの塔 17を備える) ,2つの高い尖塔をもつ聖モーリス大聖堂 (12~13世紀) ,聖ジャン施療院 (12世紀) など往時繁栄を物語る建築物が多い。人口 14万8405(2008)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アンジェ(Angers)
フランス西部、メーヌ‐エ‐ロアール県の都市。同県の県都。メーヌ川に面し、古くから交通の要衝として栄え、10世紀にアンジュー伯領の宮廷が置かれた。アンジェ城サンモーリス大聖堂などの歴史的建造物がある。ワイン生産が盛ん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アンジェ【Angers】
フランス西部,メーヌ・エ・ロアール県の県都で,アンジュー地方の中心地。人口14万3000(1982)。農畜産物の集散地で,スレート生産等の伝統産業のほか,金属加工業やテレビ,ラジオの製造なども盛ん。ガロ・ロマン時代(前1世紀半ば~後5世紀)以来,交通および戦略上の要衝。アンジュー伯領,そののち公国の首都として栄え,とくにプランタジネット朝治下に黄金時代を迎えた。12~13世紀に建てられたサン・モーリス大聖堂の身廊(12世紀中ごろ)は,プランタジネット様式(アンジュー様式ともいう)の最初の例とされる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アンジェ
あんじぇ
Angers

フランス西部、メーヌ・エ・ロアール県の県都。人口15万1279、大都市域人口22万6843(1999)。パリ南西296キロメートル、メーヌ川の河港にあり、ノルマンディー、ブルターニュ、ポアトゥーなどの諸地方を結び付ける交通の要衝で、地方商業の中心地である。金属工業、電子工業、ぶどう酒製造などが行われる。12~13世紀の大聖堂と、17の塔と城壁で囲まれた城は多くの観光客を集めている。控訴院、美術学校、工科学校がある。

[高橋伸夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンジェ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンジェの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation