@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アンセルムス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アンセルムス
Anselmus Cantaberiensis
[生]1033. 北イタリアアオスタ
[没]1109.4.21. カンタベリー
カンタベリーの大司教,ベネディクト会士,教会博士,聖人。スコラ哲学の父。その生涯は神学者として過ごしたル・ベク大修院時代と,政教対立のさなか教会の自由と権利のために献身したカンタベリー司教時代に分かたれる。彼は前期に「理解せんがため,われ信ず」 Credo ut intelligamという立場から『モノロギオン』,の存在証明で知られる『プロスロギオン』『真理論』などを著し後期には贖罪論として有名な『クール・デウス・ホモ』などを書いた。その思想はアウレリウス・アウグスチヌスに拠り,福音主義的で,生まれながらに堕落している無力な人間は,神の恩恵なくしては救われないことを強調している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンセルムス
Anselmus de Laon
[生]? ラン
[没]1117
スコラ哲学者。アウグスチヌスの伝えたプラトン主義および新プラトン主義の影響を受けた。普遍論争では実念論を支持。エリウゲナの影響下に命題集という形式を創始し,それはやがて大全という中世哲学の中核をなす形式に発展した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アンセルムス(Anselmus)
[1033~1109]英国スコラ哲学者。イタリアの生まれ。カンタベリー大司教。神の存在の神学的証明や、キリストによる贖罪(しょくざい)の理論化につとめ、スコラ学とよばれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アンセルムス【Anselmus Cantuariensis】
1033‐1109
初期スコラの神学者。北イタリアのアオスタに生まれ,長じてノルマンディーのベック修道院(ベネディクト会,クリュニー系)に入った。ここでランフランクスに学び,のちにその院長となる。1093年にカンタベリーの大司教に任ぜられ,死ぬまでその職にあった。ベックでの長い思索は,〈知らんがために信ず〉の原則に従って信仰と理性の動的連関を追求するものであった。アンセルムスは信仰を超自然的・非理性的に固定すること,また逆に自然的理性の中にとじ込めることのいずれをも退けて,神学固有の認識方法を立てたのであるが,その対象把握の深さと論証の厳密さとは比類なきもので,時代を超えて神学の模範となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アンセルムス【Anselmus】
1033~1109 イタリア生まれのスコラ学者。カンタベリー大司教。信仰を前提とした上で、その根拠を純粋に理性的に探究する「知らんがために我は信ず」の立場をとり、神の存在証明を試みた。初期スコラ学の代表者の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アンセルムス
(Anselmus) 神学者。スコラ哲学の初期の代表者。イタリアで生まれ、イギリスのカンタベリーの大司教となる。神の存在論的証明やキリストの贖罪論(しょくざいろん)の理論化を行なう。(一〇三三‐一一〇九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

アンセルムス
Anselmus
1033〜1109
中世初期の代表的なスコラ哲学者
イタリア生まれ。イングランドカンタベリ大司教となり,教皇権を排しようとする国王ウィリアム2世と争って追放され,次のヘンリ1世と和解した。「理解せんがために信ずる」という有名な言葉があり,信仰を理性に先行させる実在論立場をとった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンセルムス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンセルムスの関連情報

関連キーワード

程頤旭化成[株]社会刑部武並済慶長谷部永盛藤原敦家藤原惟憲永観

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation