@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アンセルメ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アンセルメ
Ansermet, Ernest
[生]1883.11.11. ベベイ
[没]1969.2.20. ジュネーブ
スイスの指揮者。ローザンヌ大学で数学を学び,教鞭をとったのち指揮者に転向。 1912年モントルーでデビュー。 15年以降 S.ディアギレフバレエ・リュスで指揮者をつとめる。 18年スイス・ロマンド管弦楽団創立,世界一流の楽団に育てた。現代音楽の指揮者として定評があり,現代のバレエ音楽,フランス,スペイン音楽が得意。文筆活動でも知られる。 64年来日。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アンセルメ【Ernest Ansermet】
1883‐1969
スイスの指揮者。ローザンヌで数学教師をつとめるかたわら音楽を学び,1912年から指揮活動に入る。モントルー,ジュネーブで指揮,18年にジュネーブにスイス・ロマンド管弦楽団を創立してその常任指揮者となる。それと並行して1915‐30年,ディアギレフの率いるバレエ・リュッスの指揮者をつとめ,現代作曲家とくにストラビンスキーに高く評価された。彼の指揮は客観主義の立場をとり,ドイツ・ロマン主義の主情的表現を徹底的にオーケストラから追放して,明晰(めいせき)なリズムと色彩の美を追求した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アンセルメ
あんせるめ
Ernest Ansermet
(1883―1969)

スイスの指揮者。初め数学者を志したが指揮に転じ、1915~1930年ディアギレフ・バレエ団の指揮者。1918年にスイス・ロマンド管弦楽団を創立、1967年までその指揮者を務め、このオーケストラを世界的な地位に引き上げた。1964年(昭和39)N響に客演、1968年スイス・ロマンド管弦楽団の初来日に同行している。アンセルメは20世紀の作品に大きな関心をもち、多くの作品を初演、その普及に大きな役割を果たし、「バレエ音楽の神様」ともよばれた。オネゲル、ストラビンスキー、ラベル、デ・ファリャなどが作品をアンセルメに捧(ささ)げている。

[岩井宏之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンセルメ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンセルメの関連情報

関連キーワード

アルマン条約ガルシン電気事業フィラデルフィア・フィリーズサンフランシスコ・ジャイアンツポンキエリアモンウィンチェスターウェルクマイスタークレーギー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation