@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アンティゴノス(3世)【あんてぃごのす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

アンティゴノス(3世)
あんてぃごのす
Antigonos Ⅲ
(前263―前221)

ヘレニズム時代のマケドニア王(在位前227~前221)。アンティゴノス朝第5代。アンティゴノス2世の異腹の甥(おい)。前者の嗣子(しし)デメトリオス2世の没(前229)後その寡婦を迎えて継子フィリッポス(5世)の摂政(せっしょう)となり(それゆえドーソーンDosonとあだ名された。支配を「与えよう」と口約束する男の意)、ついで紀元前227年自ら王位に就いた。ギリシアの大部分を配下に置いて同盟を結成させ、自分の覇権下にギリシアを一体化しようと図った。初めてローマと衝突した。

[金澤良樹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンティゴノス(3世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンティゴノス(3世)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation