@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アンティレバノン山脈【アンティレバノンさんみゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アンティレバノン山脈
アンティレバノンさんみゃく
Anti-Lebanon Mountains
アラビア語では,東方の山脈を意味するジャバル・アッシャルキー。シリアレバノンの国境に沿い,ビカー高地をへだててレバノン山脈と並行に,北東から南西に走る山脈。標高は平均 2000mで,2400mをこす高山もいくつかある。北端はシリアの平原から隆起し,南部ではザバダーニー峠が,ときに山脈の最南端部とみなされているヘルモン山 (2814m) を分ち,ベイルートからダマスカスへの通路もこの峠を通過する。土壌は石灰質で,山腹はけわしく乾燥しているため,定着民はほとんどなく,遊牧民の家畜飼養に使用される面が多い。多孔質の石灰岩であるため,降水が泉となって湧出しているところが多く,特にザバダーニー峠から内陸部へ流れるバラーダ川は,グータ・オアシスをつくり,シリアの首都ダマスカスを形成している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンティレバノン山脈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンティレバノン山脈の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation