@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アントアーヌ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アントアーヌ
Antoine, André
[生]1858.1.31. リモージュ
[没]1943.10.9/21. ロアールアトランティク
フランスの俳優,演出家。 1887年自由劇場を結成,ゾラの支持を得,イプセン,ストリンドベリ,ハウプトマンらの作品を上演した。自由劇場は 94年に解散したが,彼の理念と実践は他のヨーロッパ諸国の演劇に強い影響を与えた (→自由劇場運動 ) 。 1897年から 1906年までアントアーヌ劇場を主宰し,E.ブリュー,P.リッシュら,フランスの新しい劇作家の作品を上演。その後,オデオン座の総監督をつとめ (1906~14) ,晩年は劇評家として活躍した。著書『自由劇場回想』 Mes souvenirs sur le Théâtre Libre (21) ,『アントアーヌ劇場とオデオン座の回想』 Mes souvenirs sur le Théâtre Antoine et sur l'Odéon (28) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アントアーヌ【André Antoine】
1858‐1943
フランスの演出家。リモージュに生まれ,家族と共にパリに出てガス会社に勤め,貧しい暮しの中でアマチュア劇団に参加。1887年に〈自由劇場〉を設立,ド・キュレルの《聖女の仮面》,クルトリーヌの《ブーブロッシュ》など,新人の作品を上演して世に認めさせたほか,ゾラの小説の脚色や自然主義作家たちの戯曲トルストイ,イプセン,ストリンドベリ,ハウプトマンなどを上演,〈実人生の断片〉を綿密に写実する演出によって,現代演出の父と目される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アントアーヌ
あんとあーぬ
André Antoine
(1858―1943)

フランスの俳優、演出家、演劇改新者。リモージュに生まれ、小官吏の平凡な家で育つ。軍隊生活を送り、のちにパリのガス会社に勤めたが、早くから抱いていた演劇への情熱は絶ちがたく、1887年にアマチュアの同好の仲間とともに「自由劇場」を開き、ヨーロッパの近代劇運動の先駆的な役割を果たした。エミール・ゾラの演劇観に触発され、自国の自然主義的戯曲のみならず、イプセン、トルストイなどの戯曲を演出し、従来の演劇の約束事を排して、装置と演技にきわめて正確な日常性を要求し、演劇における真実性を追求した。舞台に俳優が生活する環境をつくる演出観は後のリアリズム演劇に大きな影響を与えた。1897年にアントアーヌ劇場を主宰し、1906年に国立オデオン座の座長として活動するが成功に至らず、しだいに実際活動から離れ、晩年は劇評家として名を残した。

[加藤新吉]

『斎藤一寛著『舞台の鬼アントワーヌ――フランス自由劇場の歩み』(1962・早稲田大学出版部)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アントアーヌ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アントアーヌの関連情報

関連キーワード

ケクレインド大反乱安政の大獄徳川家定開国(日本史)徳川家茂ビュルゲルマクネア快楽亭ブラックイーストレーキ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation