@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アンドレイ・ボゴリュプスキー

世界大百科事典 第2版

アンドレイ・ボゴリュプスキー【Andrei Yur’evich Bogolyubskii】
1111ころ‐74
ロシアのウラジーミル・スーズダリ公。在位1157‐74年。父ユーリー・ドルゴルーキーの公位を継ぎ,まず古くからの中心都市で貴族勢力が強いロストフ市にあった公国の首都を,祖父ウラジーミル・モノマフの時代に建設されたウラジーミル市に移し(1157),ウスペンスキー(聖母昇天)聖堂を建立して首都としての充実を図った。自らは市の近傍のボゴリュボボ村に居住していたので,ボゴリュプスキーとよばれた。69年にキエフ占領,キエフの没落を決定的なものとしたが,公としてキエフには居住せず,弟を代官として据えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アンドレイ・ボゴリュプスキー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンドレイ・ボゴリュプスキーの関連情報

関連キーワード

コンピュータにおける数値の表現大江匡房国民医療費大江匡房ガザーリー江家次第永観量子ビットタラウェラ山小学館[株]

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation