@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アンドロスの女【アンドロスのおんな】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アンドロスの女
アンドロスのおんな
Andria
ローマのテレンチウス喜劇。前 166年上演。ギリシアメナンドロスの2つの戯曲に基づく処女作。身元不明の女を愛して子供を生ませたアテネの青年アンフィルスが,父に他家の娘との結婚を要求されて困り果てているときに,愛する女の素性家柄が判明してめでたく結婚するという新喜劇套的な筋書に,もう一つ別の恋愛を組合せて,事件の葛藤を一層おもしろくしている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アンドロスのおんな〔‐のをんな〕【アンドロスの女】
原題、〈ラテン〉Andriaテレンティウスの処女戯曲。紀元前166年初演とされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンドロスの女」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンドロスの女の関連情報

関連キーワード

副市町村長総合年表(北・東・東南アジア)ソテル世界銀行国際海事機関IMO腎臓移植クラフトビールミャンマー総選挙(2015年)山谷地区

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation