@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アンナ・ペレンナ【あんなぺれんな】

日本大百科全書(ニッポニカ)

アンナ・ペレンナ
あんなぺれんな
Anna Perenna

老婆の姿で描かれるローマの古い女神。ペレンナは「永久」を意味する。紀元前494年、ローマの民衆が都を去ってモンス・サケルに退いたとき、食糧が不足したので、彼女は自分のつくった菓子を売って彼らを飢えから救った。そのため、民衆はローマに戻ったとき、彼女を神として祀(まつ)った。

 他の伝承では、彼女はディドの姉妹アンナと同一視されている。ディドの死後アンナはカルタゴを逃れ、イタリアにきてアエネアス(アイネイアス)に迎えられた。しかし英雄の妻ラウィニアが彼女を滅ぼそうとしたので、アンナはヌミキウス川に身を投げ、ニンフに変身した。のちにアンナは、軍神マルスが結婚するとき、花嫁ミネルバの介添え役をしてほしいとマルスから頼まれた。しかし、ミネルバ自身が結婚を拒絶したため、彼女は自分が花嫁に化け、正体があばかれると大いにマルスをあざけった。これが毎年3月15日にローマで行われたアンナ・ペレンナ祭で、少女たちが歌う卑猥(ひわい)な歌謡の起源となった。

[小川正広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンナ・ペレンナ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンナ・ペレンナの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation