@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アンネの日記【あんねのにっき】

知恵蔵

アンネの日記
ユダヤ系ドイツ人の少女アンネ・フランクによって書かれた手記をまとめた日記形式の文学作品。舞台は第2次世界大戦中、ドイツ占領下にあったオランダアムステルダム隠れ家。ドイツのユダヤ人狩りから逃れるため身をひそめて暮らす、主人公アンネの家族や同居人たちの生活を描く。多感な少女が歴史の荒波の中で、希望を失うことなく人の本性を信じて生きた姿が感動を呼んだ。世界各国語に訳されて、映画化などもされている。
アンネは1929年6月12日ドイツに生まれ、銀行家の父オットーと母エーディトの間の2人姉妹の妹として4歳までフランクフルトで育つが、その頃にナチスは政権を取りユダヤ人への迫害が激化。危機を感じた一家はドイツを脱出し、アムステルダムに移住した。39年9月第2次世界大戦が始まり、中立を宣言していたオランダにも40年5月にドイツ軍が侵攻。オランダは降伏しドイツ軍に占領され、やがてユダヤ人迫害が激化していく。そんな中、42年6月、アンネは父から13歳の誕生日プレゼントとしてサイン帳を贈られる。作家を目指していたアンネは、このサイン帳に日記を執筆。心の支えとなる架空の人物、キティーにあてた手紙という設定とした。同年7月に一家はユダヤ人狩りから逃れるべく、知人らと共に隠れ家生活を開始。44年8月に連行されるまでの2年間の記録が綴られている。物音一つたてることが許されない環境にあっても明るく、未来に希望を持ち続け、平和を希求するアンネの生き方が文面に表れ、少女の葛藤や成長が生き生きと描かれた。
この後、アンネは15歳で強制収容所にて病死。戦後、父オットーの尽力により47年に『アンネの日記』が出版された。後に70カ国の言語に翻訳され、3100万部を売り上げるベストセラーに。ホロコーストを否認するネオナチなどの一部からは、同書は偽造だとしアンネ本人の実在すら否定する見も出た。しかし、その後の研究や裁判の結果から本物であることは確実とされる。2009年7月には、世界中で読まれた書籍トップ10の1冊として、ユネスコの「世界記憶遺産」に『アンネの日記』が登録された。
14年2月、東京都内の図書館などで『アンネの日記』とその関連図書300冊以上が破損されるという事件が発生。イスラエル大使館や日本ユダヤ教団、アンネ・フランク・ハウス財団などから、事件で被害に遭った図書館に対し、同書や関連する書籍などが寄贈された。3月にオランダを訪れた安倍晋三首相は、アンネの家を訪れ今回の事件を残念とし再発防止に努めるとのコメントを出した。
(金谷俊秀  ライター / 2014年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

アンネの日記
アンネ・フランクはナチスのユダヤ人迫害から逃れるため、アムステルダムの隠れ家に家族とともにこもった。44年に逮捕され、ドイツの強制収容所で15歳の生涯を閉じた。隠れ家での生活、戦争や家族への思いをつづった日記は世界的ベストセラーになり、60以上の言語に翻訳されている。
(2015-06-11 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

アンネのにっき【アンネの日記】
原題、〈オランダ〉Het Achterhuis 後ろの家の意》ユダヤ人の少女アンネ=フランクの日記。著者の死後2年目の1947年に出版。ドイツ占領下のアムステルダムで、ナチスの追及を逃れて隠れ住んだ一家の2年間の生活をつづったもの。2009年、世界の記憶に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

アンネの日記
1955年初演のフランセス・グッドリッチ、アルバート・ハケットによる戯曲。原題《The Diary of Anne Frank》。ユダヤ系ドイツ人の少女アンネ・フランクの日記に基づく作品。1956年に第10回トニー賞(演劇作品賞)、ピュリッツァー賞戯曲部門を受賞

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンネの日記
1959年製作のアメリカ映画。原題《The Diary of Anne Frank》。第二次大戦中のオランダでナチスのユダヤ人狩りを避けて屋根裏部屋に暮らすアンネ・フランクの物語。監督:ジョージ・スティーブンス、出演:ミリー・パーキンス、シェリー・ウィンタース、ダイアン・ベイカーほか。第32回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。同助演女優賞(シェリー・ウィンタース)、美術賞(白黒)、撮影賞(同)受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

アンネのにっき【アンネの日記】
ユダヤ人少女アンネ=フランク(1929~1945)の日記。ナチスの迫害を逃れ、家族らと隠れ住んだアムステルダムでの一三歳から2年間の生活の記録。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アンネの日記
あんねのにっき
Het Achter-huis
アンネ・フランクAnne Frank(1929―1945)が第二次世界大戦中アムステルダムの隠れ家でつづった日記。アンネはフランクフルト・アム・マインのユダヤ系ドイツ人実業家の家庭に2人姉妹の次女として生まれた。ヒトラーが政権をとってユダヤ人迫害政策を開始するとともに、一家はオランダのアムステルダムに逃れたが、オランダもナチス・ドイツに占領されると、父オットーの事務所裏の部屋に家族と他の4人のユダヤ人とともに隠れ住んだ。隠れ家に移る直前の1942年6月12日、13歳の誕生日に両親から日記帳を贈られたのをきっかけに、のちにはノートや紙片を使って、密告によって逮捕されるまでの2年間、隠れ家の生活や家族のこと、そして異常な環境にあって急速に発達した少女期の心の軌跡を、あふれるような感受性と深い洞察力をもってつづったのがこの日記である。逮捕後家族とともにポーランドのオシフィエンチム(アウシュヴィッツ)の強制収容所に移送され、のち姉マルゴットとともに送られたドイツのベルゲン・ベルゼン女子収容所でチフスのため1945年3月初め、姉のあとを追って15年の生を閉じた。日記は隠れ家住人の援助者の一人ミープによって居住跡からみいだされ、戦後ただ1人生還した父の手に戻った。1947年、初版が原語のオランダ語でアムステルダムのコンタクト社より出版された。5年後英語版が刊行されると世界的反響を呼び起こし、反ユダヤ主義と人種差別、ファシズムと戦争を告発する書として、また優れた思春期の記録として各国語に翻訳され、舞台化、映画化されて、人々に大きな感動と勇気を与えた。日本での初版発行は1952年(昭和27)。ほかにアンネの書いた童話や創作がある。1991年、『アンネの日記』完全版(以下完全版)が刊行された。1947年発行の『アンネの日記』(以下短縮版)は、アンネの父オットー編集によるものだが、「当時は性に関するテーマをありのままに記述することはまだ一般的でなく、とくに若い読者向けの書物ではとりあつかうことができなかった。また、文章が削られたり、表現が変更されたりした理由としては、オットー・フランクが亡き妻の立場を考慮した……」(「完全版・この本について」より)といった理由から、アンネの自筆原稿から削除されたり、表現が変更されたところがあった。完全版では、オットーの保存していた他の記録や、自筆原稿からの文章の補充もされて、短縮版よりも4分の1ほど内容がふえている。なお、オットーは1980年に死去したが、遺言によってアンネの自筆原稿は、アムステルダムのオランダ国立戦時資料研究所に遺贈された。同研究所は、1986年いっさいの加筆・変更を加えない学術資料版を公刊している。日本では、1994年(平成6)に完全版が、学術資料版は『アンネの日記 研究版』として同じく1994年に刊行されている。[吉田寿美]
『木島和子訳『アンネの青春ノート』(1978・小学館) ▽木島和子訳『アンネの童話集 完訳』(1979・小学館) ▽オランダ国立戦時資料研究所編、深町真理子訳『アンネの日記――研究版』(1994・文芸春秋) ▽皆藤幸蔵訳『アンネの日記』(文春文庫) ▽深町真理子訳『アンネの日記』完全版(文春文庫) ▽シュナーベル著、原田義人訳『アンネのおもかげ』(1958・みすず書房) ▽ウイリー・リントヴェル著『アンネ・フランク最後の七ヵ月』(1991・徳間書店) ▽ミリヤム・プレスラー著、平野卿子訳『わたしは憧れているの――アンネ・フランク』(1994・ほるぷ出版) ▽ジャクリーヌ・ファン・マールセン著、深町真理子訳『アンネとヨーピー――わが友アンネと思春期をともに生きて』(1994・文芸春秋) ▽アリスン・レスリー・ゴールド著、さくまゆみこ訳『もうひとつの「アンネの日記」』(1998・講談社) ▽キャロル・アン・リー著、深町真理子訳『アンネ・フランクの生涯』(2002・DHC) ▽アンネ・フランク財団編『ビジュアル版 目でみる「アンネの日記」』(文春文庫) ▽ミープ・ヒース、アリスン・レスリー・ゴールド著、深町真理子訳『思い出のアンネ・フランク』(文春文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アンネのにっき【アンネの日記】
(原題Het Achterhuis 「裏の家」の意) ユダヤ人の少女アンネ=フランク(Anne Frank)(一九二九‐四五)の日記。ドイツ軍占領下のアムステルダムで、ナチスの迫害をのがれて隠れ家に暮らす一家の生活が描かれている。アンネはドイツの収容所で死亡したが、一九四七年に出版され、世界的ベストセラーとなった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンネの日記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンネの日記の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation