@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アンボイナ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アンボイナ
Conus geographus; geography cone
軟体動物門腹足綱イモガイ科。和名はインドネシアのアンボン島に由来する。また沖縄ではハブガイというが,これはハブのように猛毒があるためである。殻高 11.5cm,殻径 5.5cm。殻は薄質,螺塔は低い円錐形,体層は樽形で大きく,肩に結節列のある角がある。殻表には白色の地に紫褐色の細かい網目模様と雲状模様がある。殻口は広く,内面は乳紫色。軟体は口吻に毒腺と連なる槍状の歯舌をもち,これで魚を刺殺してまるのみにする。猛毒のため,人が刺されても数時間で死ぬ。紀伊半島以南,太平洋,インド洋に分布し,潮間帯下の岩礫底にすむ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンボイナ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンボイナの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation