@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アンマン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アンマン
Amman, Mīr
[生]1733頃.デリー
[没]1806以後
インド,ウルドゥー語文人。 1800年カルカッタに開設されたフォート・ウィリアム・カレッジに教師として採用され,ペルシア古典物語『四人の托鉢僧の物語』 Qiṣṣa-e-chahār darvīshをタフシーンのウルドゥー訳からデリーの日常語を用いて書き改め,『園と春』 Bāgh o Bahār (1802) と題した。これはウルドゥー散文文学の代表的作品とみなされる。彼の生涯については不明の部分が多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンマン
`Ammān
ヨルダン首都ヨルダン川の東約 40km,標高約 700mの高原に位置する。アンマン涸れ川 (ワディ) に沿ったひと続きの丘や谷に建てられた町で,1945年以来,急激な発展を遂げている。一方,最古の住民の遺跡は前 4000年頃にさかのぼり,聖書のラバトベネアンモンと一致し,ギリシア,ローマ,ビザンチン時代を通じてフィラデルフィアと呼ばれていた。市内にはローマ時代の遺跡があり,特に 6000席ある円形劇場が有名。第1次世界大戦後,イギリスの委任統治下に入り,イギリスはトランスヨルダンを建国し,メッカのシャリーフ・フサインの王子アブドゥッラーを国王として,アンマンを首都と定めた。 1946年の独立後も首都として,ヨルダンの商業,金融,国際貿易の中心地である。工業には食品加工,たばこ,繊維,紙製品,プラスチック,アルミニウム用品加工などがあり,郊外には電池やセメント製造工場もある。さらにリン酸塩,建築用石材,野菜,果実などの集散地でもある。ダマスカスベイルートと幹線道路で結ばれ,国内交通の中心地。ヨルダン大学がある。東郊に国際空港もある。人口 108万8000(2009)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アンマン(Amman)
ヨルダン‐ハシミテ王国の首都。紀元前からの都市で、東ローマ帝国時代の円形劇場などが残る。人口、行政区120万(2008)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

アンマン【Amman】
ヨルダンハシミテ王国の首都。死海の北東方にある商業都市。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アンマン
あんまん
Amman
ヨルダンの首都。ヨルダン北部にあり、ヨルダン川の東方75キロメートル、標高780メートルの台地上にある。人口129万3200(2003年推計)。気候は乾燥し、年降水量270.3ミリメートル、夏はほとんど降雨をみない。夏は高温(8月平均気温25.3℃)、冬は温暖(1月平均気温7.7℃)である。ヨルダンの経済中心地で、食料品、繊維、たばこ、皮革品、プラスチック、アルミニウム、セメント工業のほか、燐(りん)鉱石や農産物を集散する。交通の要衝でもあり、ダマスカスから南のマアーンへ通じるヘジャズ鉄道(巡礼鉄道)がここを通る。また、北はダマスカス、西はエルサレム、南はアカバ港へ幹線道路が通じ、東方5.5キロメートルには国際空港がある。王宮、ヨルダン大学、ヨルダン考古博物館、ローマ時代の円形劇場跡やヘラクレスの神殿などの遺跡も多い。
 紀元前5~前4世紀ごろのアモン人の都ラバト・アモンが現在のアンマンの名の由来といわれる。前3世紀、ヘレニズム時代のプトレマイオス・フィラデルフォス2世の治世にはフィラデルフィアとよばれた。第一次世界大戦後の1923年、イギリスのパレスチナ委任統治領の一部であったトランス・ヨルダンが首長アブドッラーのもとに独立し、アンマンはその首都となった。イスラエルに対抗するアラブ陣営の拠点であり、1948~1949年の第一次中東戦争や、1967年の第三次中東戦争によるヨルダン川西岸地区の占領により、大量のパレスチナ難民がアンマンに流入した。このため人口は15年間で3倍になった。また1970年にはヨルダン政府軍とパレスチナ・ゲリラの激しい市街戦の舞台となった。[原 隆一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アンマン
(Amman) ヨルダンの首都。エルサレムの北東にあり交通の要地。ローマ‐ビザンチン帝国時代の遺跡が多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンマン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンマンの関連情報

関連キーワード

アウグスト(2世)ポーランド史賀茂真淵(かもまぶち)ザクセン伴蒿蹊ベートーベンナポリ王国天野信景アウグスト[2世]クラシェニンニコフ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation