@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アンモニウムミョウバン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アンモニウムミョウバン
ammonium alum
広義には (NH4)M(SO4)2・12H2O (M はアルミニウム,クロム,鉄,コバルトなど3価の金属) 型の複硫酸塩をいい,狭義にはM としてアルミニウムを含む (NH4)Al(SO4)2・12H2O をいう。正八面体結晶。成分硫酸塩を組成式の示す割合に混ぜ,水溶液を静かに蒸発させて得られる。アルミニウム-アンモニウムミョウバンは 95℃で結晶水中に溶解し,さらに加熱すると発泡して結晶水を失い,高温ではアルミナ,二酸化硫黄などを生じる。媒染剤や水の浄化などに利用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

アンモニウムミョウバン
 AlH4NO8S2 (mw237.14).膨張剤や保色剤として用いられる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アンモニウムミョウバン
あんもにうむみょうばん
ammonium alum

ミョウバンの一つで、普通のミョウバンKA1(SO4)2・12H2Oのカリウムをアンモニウムにかえたもの。無色の正八面体結晶。アルミニウムイオンのかわりに鉄(Ⅲ)イオンの入ったものをアンモニウム鉄ミョウバンといい、その他のクロム、コバルト、マンガンなどの入ったミョウバンをも含めてアンモニウムミョウバンということもある。熱すると融解するが、さらに熱すると120℃で水を失い、200℃では無水和物になり、高温では分解して酸化アルミニウムとなる。水溶液中では加水分解して酸性を示す。アルミニウム製造の際の中間体として得られ、染色用の媒染剤、製紙用、医薬品などとして用いられる。

[中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンモニウムミョウバン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンモニウムミョウバンの関連情報

関連キーワード

ミョウバン硫酸アンモニウム鉄(Ⅱ)六水和物リン酸アンモニウムタットン塩リン酸アンモニウム硫酸塩モリブデン酸アンモニウム硫酸ニッケル(Ⅱ)アンモニウムミョウバン硫酸セリウム

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation