@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アンモニオス・サッカス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アンモニオス・サッカス
Ammōnios Sakkas
[生]175?
[没]242?
アレクサンドリアの哲学者。プロチノスの師。新プラトン主義の創始者の一人。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アンモニオス・サッカス
あんもにおすさっかす
Ammonios Sakkas
(175―242ころ)

3世紀のアレクサンドリアの哲学者。「サッカス」というあだ名は、若いころ穀物袋を担いで生活の資を得ていたからだという。書物を書かず、学説を秘密にしたため、学説の内容は知られない。ただ、プロティノスは11年間(232~242)彼に学んで哲学に引き入れられたといわれ、原理の思弁にかかわる神秘主義的な哲学を導入し、プラトンとアリストテレスの一致を説いた人だとみなされる。

[加藤信朗 2015年1月20日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンモニオス・サッカス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンモニオス・サッカスの関連情報

関連キーワード

アウィディウス・カッシウスわいせつ罪住民訴訟租税危害犯キュリウム住民附合ヤリング調停住民監査請求国連安保理決議338号

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation