@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アンモノリシス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アンモノリシス
ammonolysis
アンモニア分解あるいは加安分解ともいわれる。ある化合物の分子に水分子の OH とH が加わって化合物を2つの分子に分解する反応を加水分解というのに対し,アンモニア分子のH と NH2 とが加わって化合物を分解するような型式の反応をアンモノリシスという。例を次に示す。

HgCl2+NH3→HgClNH2+HCl



RCOOC2H5+NH3→RCONH2+C2H5OH

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アンモノリシス【ammonolysis】
加安分解ともいう。液体アンモニア溶媒中で起こる加溶媒分解(ソルボリシス)で,水中での加水分解に対応する。無機化合物または有機化合物がアンモニアと反応して,アミドイミンニトリルなど,アミノ基-NH2,イミノ基NHをもつ化合物を生成する反応をいう。無機化合物では,式(1)に示すように,金属塩化物中の塩素原子1個がアミノ基に置換される例などがある。 HgCl2+2NH3―→Hg(NH2)Cl+NH4Cl …… (1) 有機化学においては,アンモニアによるアミノ基の導入反応(アミノ化)をさす場合が多い(式(2))。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アンモノリシス
あんものりしす
ammonolysis

加安分解ともいう。水中での塩類の加水分解に対する語。液体アンモニア中での塩類の加溶媒分解反応をいうのが普通であるが、広く無機化合物、有機化合物すべてに対し、アンモニアと反応して分解する反応をいうこともある。

[中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

アンモノリシス
アンモノリシス
ammonolysis

加安分解ともいう.液体アンモニア中の,加水分解に対応するもの.たとえば,水溶液中で,

となるが,これに対応して,

などで,アンモニアが,

2NH3 NH4 + NH2

のように電離するために起こる現象.SiCl4,BCl3,TeCl4,PCl3なども分解してアミド,イミド,あるいは窒化物をつくる.

3TeCl4 + 16NH3 → Te3N4 + 12NH4Cl

有機化学では,アンモニアの作用でアミノ基を導入することをアンモノリシスという.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンモノリシス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アンモノリシスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation