@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アン・ブリン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アン・ブリン
Anne Boleyn
[生]1507?
[没]1536.5.19. ロンドン
イングランド王ヘンリー8世の 2番目の。Anne Bullenとも記す。大使であった父トマス・ブリンとともにフランスに滞在。1522年に帰国後王妃カサリン侍女として仕えたが,まもなく王の寵愛を受け,王と王妃との離婚問題に発展。これがこじれてイギリス宗教改革につながった(→アングリカン・チャーチ)。1533年ひそかに王と結婚し,のちのエリザベス1世を産んだものの男子が生まれなかったため,不義を口実に処刑された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アン・ブリン
あんぶりん
Anne Boleyn
(1507―1536)

イギリス王ヘンリー8世の第2王妃。エリザベス1世の母。父はトマス・ブリン(後のウィルトシャー・オーモンド伯)。ブリン家はロンドンの富裕な商人で、市長も出している。母はサリー伯トマス・ハワードの娘。1519年ごろから1522年までフランスで宮廷生活を過ごした。帰国後、王妃キャサリンの侍女となった。その美しさについては疑問があるが、男心をひく術を心得ていた彼女は、まもなく国王ヘンリーの寵(ちょう)を得ることとなった。王妃から男子の後継者が得られず焦燥を感じていた王はついに離婚を決意、ローマ教皇からその許可が得られぬままに1533年春アンとの結婚を断行した。これがイギリス宗教改革の発端となった。9月にエリザベス出産。その後王の気持ちは冷却し、男子の生まれぬことも加わり、1536年5月姦通(かんつう)のゆえをもってアンは投獄、同月19日に処刑された。

[植村雅彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アン・ブリン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アン・ブリンの関連情報

関連キーワード

ヘンリー(8世)太原崇孚デューラー細川澄之細川政元赤沢朝経ソラーリ細川政元ボルジアティームール帝国

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation