@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アーヘンの和約【アーヘンのわやく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アーヘンの和約
アーヘンのわやく
Peace of Aachen
エクスラシャペル条約とも呼ばれる。 (1) 1668年5月2日,フランスのルイ 14世とオランダ,イギリス,スウェーデンとの間に結ばれたフランドル戦争の終結条約。フランスは占領地を返還し,リール,ツルネーなど 12ヵ所を得た。 (2) 1748年 10月 18日,マリア・テレジア即位をめぐるオーストリア継承戦争の終結条約。 (a) オーストリアパルマピアチェンツァをスペインに譲る。 (b) サルジニアロンバルディアの一部を得る。 (c) 国事詔書,ハノーバー選帝侯家のイギリス王位継承権,プロシアのシュレジエン領有をともに認める,などが決った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アーヘン‐の‐わやく【アーヘンの和約】
1748年、オーストリア継承戦争の結果として、ドイツ西部の都市アーヘンで結ばれた約。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あーへんのわやく【アーヘンの和約】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アーヘンの和約
あーへんのわやく

ドイツの都市アーヘン(フランス名、エクス・ラ・シャペル)で結ばれた次の和約をさす。

(1)1668年の、ルイ14世の侵略戦争の一つフランドル戦争終結の和約。ルイ14世はスペイン・ハプスブルク家の旧ブルグント公領ネーデルラントの相続を要求して侵入したが、イギリス、オランダの反撃にあい和を結んだ。占領したフランシュ・コンテを返還し、リールなどわずかなフランドル諸都市を得たが、相続問題は解決しなかった。イギリスはスペインから西インド諸島、北アメリカの領土要求権を得た。

(2)1748年の、オーストリア継承戦争の結末としての和約。マリア・テレジアの相続をめぐり、バイエルン選帝侯の相続権主張とプロイセン王フリードリヒ2世のシュレージエン領有の要求を直接の契機として開戦した(1740)が、戦争は17世紀以来対立する英仏両国の介入によって国際的規模で展開した。1745年プロイセンがシュレージエンを確保し、皇帝フランツ1世の選立を認めてドレスデンに和を結んだのちも、フランス・スペインのブルボン連合とイギリス・オーストリア同盟との戦いは続いた。しかしオーストリアと結んだロシアのネーデルラント戦線への出兵が決定的となり、この和約となった。関係各国は占領地をそれぞれ返還し、オーストリアはシュレージエンのほかわずかにイタリアのパルマ、ピアチェンツァを失ったにすぎなかったが、イギリスの世界的優位、プロイセン・ドイツの興隆、ロシアの台頭を決定的にする結果を招いた。

[進藤牧郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アーヘンの和約」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アーヘンの和約の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation