@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アーベル賞【アーベルしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アーベル賞
アーベルしょう
Abel Prize
数学研究の業績を表彰するに 1回授与される。2002年,19世紀ノルウェーの優れた数学者ニールス・ヘンリック・アーベルの記念基金が創設され,ノルウェー教育研究省が運営にあたった。「数学の分野で傑出した科学的業績」に国際的な賞を授けることを主目的とし,社会における数学の地位向上と,数学に対して子供や若者がいだく関心を刺激することを目指す。ノルウェー科学文学審議会が基金の利用に関して責任をもち,基金により年に 1~2回,アーベル・シンポジウムを開催して数学研究のさまざまな部門を取り上げている。アーベルの名を冠した賞の創設に際しては,まずノルウェー人数学者ソーフス・マリウス・リーがアーベル生誕 100周年の 1902年を前にその構想を広めようとしたが立ち消えた。1902年,在位中に数々の賞を創設したノルウェー国王オスカル2世の肝いりで再び検討されるようになったが,スウェーデンとの同君連合が解消されて国家の歳入が減少したため困難となった。それでもノルウェー国内でアーベルに対する評価は高く保たれ,国際数学連合 IMUが世界数学年に定めた 2000年に再度アーベル賞の創設が提唱されると,広く受け入れられる結果となった。2003年にフランス人数学者ジャン=ピエール・セールが第1回の受賞者となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

アーベル賞
アーベル賞はノルウェー科学アカデミーが「数学のノーベル賞」を目指して設立した賞。2007年第5回アーベル賞受賞者はヴァラダーン(S.R.Varadhan)で、受賞業績は確率論、とくに大偏差の統一理論への功績ガウス賞はドイツ数学者連合と国際数学連合が共同で創設した賞。工学やビジネスなどにインパクトを与えた数学研究が対象。06年第1回受賞者は伊藤清・京大名誉教授で、確率微分方程式創始が受賞理由。金融工学に応用された。アーベルは19世紀ノルウェーの、ガウスは18〜19世紀ドイツの数学者名。数学界最高の賞とされるのはフィールズ賞(授賞対象は40歳以下)で、4年に1回開催する国際数学者会議で授与される。
(桂利行 東京大学大学院教授 / 2008年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

アーベル‐しょう〔‐シヤウ〕【アーベル賞】
年に1回、優れた数学者に贈られる賞。名称は数学者アーベルにちなみ、ノルウェー科学人文アカデミーが2003年から授与している。数学のノーベル賞ともいわれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アーベル賞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アーベル賞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation