@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アームストロング

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アームストロング
Armstrong, Edwin Howard
[生]1890.12.18. ニューヨーク
[没]1954.1.31./1954.2.1. ニューヨーク
アメリカの電子工学者。コロンビア大学卒業後,同大学講師。第1次世界大戦中はパリアメリカ軍無線通信部隊の研究所に出向。第2次世界大戦中も軍関係の研究職についたが,そのほかは生涯コロンビア大学で教鞭をとった。在学当時から無線通信に関心をもち,1912年頃三極管検波器 (オーディオン) が高周波の持続波振動の発生装置となることを発見し,独自の再生回路を組立てた。さらに研究を進め,18年に高性能の「スーパーヘテロダイン受信回路」を発明,ラジオ,レーダ,テレビジョン技術の発展を促した。 33年には周波数変調装置を発明してラジオ放送技術の変革をもたらした。アメリカ無線工学会から金メダル,のちフランクリン・メダルの栄誉を受けた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アームストロング
Armstrong, Henry Edward
[生]1848.5.6. ケントルイシャム
[没]1937.7.13. ケント,ルイシャム
イギリスの有機化学者。王立化学校で化学を学んだのち,ドイツに留学,A.コルベの指導を受け,1870年に学位を取得した。ナフタリンの置換反応に関する研究で,合成染料工業に大きく貢献した。ショウノウテルペンの化学組成を確立。また水の浄化法,腸チフスの予防などを研究,公衆衛生の向上に尽した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アームストロング
Armstrong, Louis (Daniel)
[生]1900.7.4. ニューオーリンズ
[没]1971.7.6. ニューヨーク
アメリカのジャズトランペット奏者,歌手。愛称サッチモ Satchmo。少年時代に少年院でコルネットを習得。 1922年シカゴでキング・オリバー楽団に参加しトランペット奏者として注目され,以後,多くのバンドを転々とした。 1920年代後半に録音された彼のホットファイブおよびホットセブンによる演奏は,ジャズ史上不朽の名演である。 32年初めてヨーロッパに遠征,47年にはオールスターズを編成,50~60年代には世界各地を巡演した。エンタテイナーとしても一流で,数多くの映画にも出演。歌手としてはスキャット唱法の創始者とされ,後期にはポピュラー曲もしばしば取上げてヒットさせた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アームストロング
Armstrong, Neil
[生]1930.8.5. オハイオ,ワパコネタ
[没]2012.8.25. オハイオ,シンシナティ
アメリカ合衆国の宇宙飛行士。1969年7月20日,史上初の月面着陸に成功した宇宙船アポロ11号(→アポロ計画)の船長。1969年7月16日,マイケル・コリンズ,エドウィン・E.オルドリン・ジュニアとともに地球を出発。人類として初めて月面に第一歩を踏み出して「これは一人の人間にとって小さな 1歩だが,人類にとっては偉大な躍進だ」という第一声を放った。同 1969年7月24日に太平洋上に無事着水,帰還した。16歳で飛行機操縦士の免許を取得し,1947年にアメリカ海軍航空士官候補生となった。パーデュー大学で航空学を専攻中,朝鮮戦争が勃発,ジェット機操縦士として従軍。その後,全米航空諮問委員会 NACAを経て,アメリカ航空宇宙局 NASAに入り,1962年第2期宇宙飛行士の一人に選ばれた。1966年3月『ジェミニ』8号にデビット・R.スコットとともに乗り組み,標的のアジェナ衛星との初のドッキングに成功(→ジェミニ計画)。1969年大統領特使として訪日,外国人で初めて文化勲章を受章した。1971年に NASAを去り,1971~79年シンシナティ大学教授を務めた。その後,さまざまな会社の要職についた。1969年大統領自由勲章を授与された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アームストロング
Armstrong, William George, Baron Armstrong
[生]1810.11.26. ニューカッスルアポンタイン
[没]1900.12.27. クラッグサイド
イギリスの発明家,企業家。法律を学んだが,科学実験にも興味をもち,水力起重機を発明。1847年に法律家を断念し,エルスウィックに機械工場をつくった。その後,クリミア戦争の際に大砲の改良を思い立ち,アームストロング砲を発明,1859年にはイギリス政府にその功績を認められナイトの称号を受け,政府の兵器廠長官に就任,のち王立鋳造所長となった。1887年男爵。彼の設立した会社アームストロングは,のちにビッカーズ・アームストロングとなり,ドイツのクルップと並ぶ大兵器製造企業として,イギリス国内はもとより,全ヨーロッパに大きな影響を及ぼし,軍事史上に数多くの貢献をした。アームストロングの開発した尾栓式後装施条砲は近代的火砲といわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アームストロング
Armstrong, Lance
[生]1971.9.18. テキサス,プレーノ
アメリカ合衆国の自転車競技選手(→自転車競技)。ツール・ド・フランスで 7連覇(1999~2005)という前人未到の記録を打ち立てたが,ドーピング(禁止薬物使用)を理由に記録を抹消された。少年時代からトライアスロンや水泳の競技会に出場。高等学校在学中,アメリカ自転車競技連盟 USCFのジュニア・ナショナルチームの選手に選ばれ,ジュニア世界選手権大会に出場,1990年全米アマチュア選手権大会で優勝した。1992年プロに転向。1996年精巣腫瘍と診断される。選手生活への復帰を目ざし闘病を続け,1998年発病後初めての重要なレースであるツール・ド・ルクセンブルクで優勝を果たす。1999年ツール・ド・フランスでアメリカ人 2人目となる優勝を飾る。続く 2000,2001,2002年にも持ち前の山岳ステージでの強さを武器にして優勝。2003年には衝突や病気といったアクシデントにもかかわらずツール・ド・フランス 5連覇を達成,ミゲル・インデュラインの記録に並んだ。2004年に 6連覇してインデュラインの記録を更新し,2005年に 7連覇を達成したあと,引退を表明。癌の撲滅運動にも身を投じ,ランス・アームストロング財団を設立した。2012年,数々のドーピング疑惑の中心人物だったとするアメリカ反ドーピング機関 USADAの調査結果が公表され,全タイトルを剥奪,自転車競技界から永久追放された。2000年にサリー・ジェンキンズと共著の自伝『ただマイヨ・ジョーヌのためでなく』It's Not About the Bike: My Journey Back to Lifeを発表した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アームストロング(Daniel Louis Armstrong)
[1900~1971]米国ジャズトランペット奏者・歌手愛称サッチモ。スキャットの創始者。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アームストロング(Edwin Howard Armstrong)
[1890~1954]米国の電気工学者。無線技術を研究し、周波数変調方式(FM)を発明。また、ラジオ受信機改良に貢献した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アームストロング(Neil Alden Armstrong)
[1930~2012]米国の宇宙飛行士。1969年、アポロ11号により、E=E=オルドリンとともに人類初の月面着陸に成功した。→アポロ計画

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アームストロング(William George Armstrong)
[1810~1900]英国の企業家。水力発動機・アームストロング砲などを発明。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

アームストロング Armstrong, Margaret Elizabeth
1877-1960 カナダの宣教師。
1877年4月16日生まれ。明治36年(1903)カナダ合同教会婦人伝道協会から派遣されて来日。43年富山市に赴任し,翌年青葉幼稚園をひらいた。昭和16年帰化。昭和35年1月18日死去。82歳。オンタリオ州出身。トロント大卒。日本名は亜武巣(あむす)マーガレット

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

アームストロング【Edwin Howard Armstrong】
1890‐1954
アメリカの無線技術者。ニューヨークに生まれ,ハイスクール時代に無線電話興味をもち,コロンビア大学でピューピンM.I.Pupin(1858‐1935。長距離通信ケーブルに装荷コイルを導入したことで著名)に学んだ。学生のときに,三極真空管を使用した再生発振回路を発明した(1912)。この回路により非減衰高周波振動を電子素子を用いて発生させることが可能になり,またそれまでの受信方式に比べてずっと高感度の受信ができるようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アームストロング【Louis Armstrong】
1900‐71
アメリカの黒人トランペット奏者兼歌手。愛称は〈サッチモ〉。ジャズ史上最初に現れた天才。ジャズ誕生の地ニューオーリンズの貧しい家庭に生まれ,非行少年として13歳のとき感化院に入れられたが,そこのブラスバンドでコルネットを習った。出所後は労務者生活を続けながら,いくつかのバンドで吹いていたが,1922年先輩のキング・オリバーの招きでシカゴに行き,その天才ぶりを注目された。31年までに彼の演奏スタイルはトランペット奏者ばかりでなく,ジャズのあらゆる楽器奏者がそれぞれの演奏にとりいれるようになったばかりでなく,ビッグ・バンドの編曲スタイルにもとりいれられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アームストロング【Neil Alden Armstrong】
1930‐
1969年7月20日,人類最初の足跡を月にしるしたアメリカの宇宙飛行士。アポロ11号の船長として,E.オルドリン飛行士とともに月着陸船イーグルで月面静の海に軟着陸し,アメリカ国旗の掲揚,岩石標本の採集,観測機器の設置など2時間以上に及ぶ月面活動を行った。〈それは1人の人間にとっては小さな一歩だが,人類にとっては巨大な躍進である〉の月面からの第一声は,地球外天体の有人探査開始を象徴するものとして有名である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アームストロング【William George Armstrong】
1810‐1900
イギリスの発明家,企業家。ニューカスル・アポン・タイン生れ。法律を学び,法律事務所を共同で営む一方,炭鉱用の起重機,水力巻揚機などの水力機械の開発製造をおこなう。1847年には機械工場エルズウィック工場を経営。彼の蒸気ポンプを利用した蓄圧器の発明は,大型機械の操作に不可欠な水圧を利用する力の伝達方式の発展に貢献した。クリミア戦争の勃発後,機雷の設計を依頼され,大きな成功を収めた。この成功と野砲への関心とが彼を兵器製造へむかわせた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アームストロング【Armstrong】
Edwin Howard A. 1890~1954 アメリカの電気技術者。周波数変調方式( FM )の考案のほか、再生回路・スーパーヘテロダイン回路を発明。
Louis A. 1900~1971 アメリカの黒人ジャズトランペット奏者・歌手。愛称サッチモ。ジャズ史上に現れた最初の天才として、トランペット奏者ばかりでなく、すべての楽器奏者・歌手に多大な影響を与えた。「上流社会」「グレン=ミラー物語」などの映画にも出演。
Neil Alden A. 1930~  アメリカの宇宙飛行士。1969年、アポロ11号船長となり人類として初めて月面に降り立った。
William George A. 1810~1900 イギリスの技術者・企業家。水圧起重機・水力発電機および砲身内に鋼線を螺旋らせん状に巻いたアームストロング砲を発明。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アームストロング
[1]
[一] (Sir William George Armstrong サー=ウィリアム=ジョージ━) イギリスの発明家、企業家。水力機械工場を造ったり、アームストロング砲を発明、世界的な兵器産業をおこした。(一八一〇‐一九〇〇
[二] (Edwin Howard Armstrong エドウィン=ハワード━) アメリカの電気技術者。再生式回路、スーパー‐ヘテロダイン方式、FM方式などを考案し、ラジオ技術、無線通信の発達に寄与。(一八九〇‐一九五四
[三] (Louis Armstrong ルイ━) アメリカのジャズトランペット奏者、歌手。一九二〇年代から活躍、「サッチモ」の愛称で世界的人気を得た。(一九〇〇‐七一
[2] 〘名〙 (一)(一)が設立のアームストロング社で製造した大砲など。
※江湖新聞‐慶応四年(1868)五月二二日「アルムストロングといえる大砲二門」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アームストロング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アームストロングの関連情報

関連キーワード

社会民主党(ドイツ)ドイツ映画関西学院大学グッズゴッホビゴー明治維新改良主義実験映画造船業電話

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation