@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アールヌーボー

デジタル大辞泉

アール‐ヌーボー(〈フランス〉art nouveau)
《新芸術の意》19世紀末から20世紀初めにフランスを中心に欧州で流行した芸術様式。植物模様や流れるような曲線が特徴。ミュシャマッキントッシュらが代表。日本では日露戦争後に流行した。→ユーゲントシュティール

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

アールヌーボー
19世紀末から20世紀初めにフランスを中心に欧州で流行した芸術様式。植物模様や流れるような曲線が特徴。有機的な自由曲線の組み合わせ、ガラスといった素材を用いた植物模様や流れるような曲線が特徴。アール・ヌーヴォーはフランス語で「新しい芸術」を意味し、パリの美術商、サミュエル・ビングの店の名前メゾン・ドゥ・ラール・ヌーヴォーに由来する。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アール‐ヌーボー
〘名〙 (art nouveau 「新美術」の意) 一九世紀末から二〇世紀初めにかけて、フランスで流行した美術上の一様式。現実の動植物を装飾化し、建築、工芸、図案などに応用。淡い色彩、自由な曲線をその特徴とする。日本でも、日露戦争後、数年間この様式の図案が流行した。
※風俗画報‐二四五号(1902)流行門「刺繍〈略〉アールヌーボー式(外人、我か光琳を転化して、式となす)ならむには尤も可なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アールヌーボー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アールヌーボーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation