@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イエナ

デジタル大辞泉

イエナ(Jena)
ドイツ中央部、チューリンゲン地方の学園都市。1558年創立のフリードリヒシラー大学(通称イエナ大学)があり、シラーヘーゲルゲーテ教授陣として活躍。光学機械工業も盛ん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

イエナ
デサントが販売するカジュアルシューズ。フランスのスポーツ用品ブランド「le coq sportif(ルコックスポルティフ)」の製品。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イエナ
《Iéna》フランス海軍の戦艦。1898年進水、1902年就役の前弩級戦艦。同型艦なし。1907年退役。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

イエナ
いえな
Jena

ドイツ中部、チューリンゲン州の大学都市。1949~1990年は旧東ドイツに属した。ザーレ川中流部、標高145メートルにある。人口9万9900(2000)。16世紀までは小さなブドウ栽培地であった。1558年に大学が創立されると、ブドウ農家の家が教授宅や学生宿と化した。1800年ごろは古典ドイツ哲学の中心となり、またのちにはロマン派の会合地として発展し、有名な詩人や学者が、教授、学生、客として住み着いた。シラー、フィヒテ、シェリング、ヘーゲル、シュレーゲル、W・フンボルト、マルクスなどがその例である。1846年カール・ツァイスによって顕微鏡やカメラなどの精密機器工場がつくられてから工業化が始まり、今日、薬品工業、製図業も盛んである。

[佐々木博]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

イエナ
(Jena) ドイツ中部、チューリンゲン州の都市。大学都市として発展。一六世紀創立のフリードリヒ=シラー大学(イエナ大学)は、シラー、ヘーゲル、ゲーテらが教授を勤めたことで知られる。光学レンズ・光学機械工業が盛ん。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イエナ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イエナの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation