@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イオカステ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イオカステ
Iokaste
ギリシア神話の英雄オイディプスの母。メノイケウスの娘で,テーベライオスとなりオイディプスを生んだが,息子に殺されるという神託を恐れたライオスは,この子を生後すぐにかかとをピンで貫き,キタイロンの山中に捨てさせた。しかしオイディプスは拾われてコリント王の養子として育てられ,成人すると予言どおり自分の父とは知らずにライオスを殺し,そのあとテーベに来てスフィンクスの謎を解き,イオカステと結婚した。オイディプスとの間に4人の子を生んだあとで,母子婚の事実が明らかになると,イオカステは首を吊って自殺したという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

イオカステ(Iokastē)
ギリシャ神話で、テーベ王ライオスの妻。オイディプスを産んだが、のちに、それと知らず、我が子の妻となり、アンティゴネら四人の子をもうけた。近親相姦の事実を知って自殺。
(Iocaste)木星の第24衛星。2000年に発見。名はに由来。非球形で平均直径は約5キロ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いおかすて【イオカステ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

イオカステ
いおかすて
Īokastē

ギリシア神話においてテバイ(テーベ)王ライオスの妻。ライオスの死後、テバイの支配者となったクレオンの姉妹。初めライオスの妻となり、オイディプスを生んだが、のちにそれと知らずわが子オイディプスの妻となり、息子との間にエテオクレス、ポリネイケス、アンティゴネ、イスメネをもうけた。その近親相姦(そうかん)の事実を知ったとき、イオカステは首をくくって死んだ。なお彼女の名は、ホメロスの叙事詩ではエピカステとなっている。

[小川正広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イオカステ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イオカステの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation