@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イオニア人【イオニアじん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イオニア人
イオニアじん
Iōnes; Ionians
古代ギリシア人の一種族イオニア方言を話し,小アジアのイオニア地方,エーゲ海中部の島々,エウボイア,アッチカなどに住んだ。ホメロスの詩には1度出てくるだけだが,小アジア西岸の中央部がイオニアとして知られるようになってから特に重要になった。アテネが全イオニア人の母市であるという,古くからの伝承はあたらないとしても,アテネ人がイオニアへの進出を組織的に行なったことはある程度真実らしい。イオニア人は前 750年頃から本土のドーリス人諸国家にさきがけて,黒海沿岸に最初の植民市 (アポイキア ) を建設,さらにナポリ湾のアエナリア島,ピテクサ島などに植民市を築き,西方への道を開いた。シチリア島に最初の植民を行なったのも彼らであった。経済的,文化的にも急速に発展し,イオニア人とはオリエント世界ではギリシア人の総称となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

イオニアじん【イオニア人 Ionians】
ギリシア人の一分派でアカイア人ドリス人などとならぶ種族。前1000年ごろアッティカから小アジア西岸中央部(イオニア)に多数の植民者が送られたらしく,それにはペロポネソス半島北部海岸地域からの移民もまじっていたらしい。イオニア方言はアッティカ,エウボイア,デロスキオス,イオニアで話され,イオニア人の結合の象徴はミュカレ岬のポセイドン神殿で催されるパンイオニア祭およびデロス島アポロン神殿の祭典であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

イオニア人
いおにあじん
Ionians
古代ギリシア民族の一分派。古伝承ではギリシア人の祖ヘレンHellenの孫イオンIonを祖先とする人々とされ、ドーリス人の侵入に際して「イオニア最古の地」たるアテネの指導下に小アジアのイオニア地域に植民したと伝えられる。彼らは言語学上、アッティカ、エウボイア、キクラデス、イオニアに分布したアッティカ・イオニア方言に属するギリシア語を用いた。居住地は、アテネからエーゲ海の島々を経て小アジア西岸に至る諸ポリスと、それらの植民市に分布していた。紀元前5世紀以降、知的で洗練されたイオニア人と、勇敢だが粗野なドーリス人とが対比されて論じられたが、ドーリス系の植民市でありながら優美な文化を残しているシラクサシラクーザ)など、この対比には多くの例外がある。[前沢伸行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

イオニア人
イオニアじん
Ionians
古代ギリシア人の種族名
東方方言群に属するイオニア語を用いた。ギリシア半島への定着は比較的早く,アテネから小アジア西岸のイオニア地方に広がった。神話上では,ギリシア人の祖ヘレンの子クストスの子孫とされている。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イオニア人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イオニア人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation