@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イオニア学派【イオニアがくは】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イオニア学派
イオニアがくは
Ionian school
イオニアは小アジアの海岸に位置していた古代ギリシアの植民地で,早くから東方との交流もあって都市が栄え,文化が発達し,哲学の発祥地ともなった。この地に出た哲学者たちがイオニア学派である。この学派にはミレトス学派タレスアナクシマンドロスアナクシメネス,さらに後期のアポロニアディオゲネス,ヒッポンらが含まれ,エフェソスヘラクレイトスもこれと深い関係に立つ。アリストテレスはタレスを,神話的表現とは異なった学問的方法を導入して自然的原理を立てようとした試みのゆえに,哲学の創始者として位置づけたが,ミレトス学派は一般に,存在するものの普遍的本質を求め,それを物質的な質料あるいは基体のうちに見出し,アルケ (原理) から諸元素が導出されるという一元論を構成した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

イオニア‐がくは【イオニア学派】
前6世紀ごろ、イオニア地方に興ったギリシャ最初の哲学の学派。万物根源を水・アペイロン(無限なもの)・空気・火に求めた。ミレトス出身のタレスアナクシマンドロスアナクシメネス、およびヘラクレイトスなどがこれに属する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

イオニアがくは【イオニア学派】
小アジアの沿岸に位置するギリシアの植民地イオニアはペルシアバビロニアエジプトなどの先進諸国と接触し,経済的にも文化的にも早くから栄えた。世界の本性,構造についてはじめて,完全に合理的な説明が試みられたのは,哲学の発祥地たるこの地方においてであった。およそ前6世紀の間にこの地に生まれた哲学者たちを一般にイオニア学派という。この呼称は,ピタゴラスとするイタリア学派の呼称とともに,ペリパトス学派の伝統のなかで形成された分類法に基づくものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

イオニア学派
いおにあがくは

小アジア西海岸中部のイオニア地方には、古代ギリシアの幾多の植民市があったが、この地方は陸や海を介して東方の先進諸国と接触しており、古いオリエント文明の影響を受けて早くから文化が開けていた。紀元前6世紀ごろこの地方に哲学が誕生し、ギリシア最古の哲学者たちを輩出したが、彼らを総称してイオニア学派とよんでいる。その哲学は、自然(フュシス)を問題とする自然哲学であるが、彼らはこの問題に対してまず一つの根本的な物質(アルケー。もとのもの)を求め、これに基づいて自然の成り立ちを論じたため、それは本質的には一元論である。また、この根本物質が活(い)きており、自ら運動変化して万物を生ずると説いたため、物活論(ヒュロツォイスムス)の立場にもたっている。さらに、この活きている根本物質から宇宙がどのように形成されたかを解明することが、この学派の重要な課題であったため、その哲学の形式は、宇宙の起源や構成を論じる宇宙論であった。イオニア学派に所属するおもだった人々は、タレス、アナクシマンドロス、アナクシメネス、ヘラクレイトス、ヒッポン、アポロニアのディオゲネスらである。このうちミレトス出身のタレス、アナクシマンドロス、アナクシメネスはとくにミレトス学派とよばれ、ヒッポン、ディオゲネスもまたミレトス学派の末裔(まつえい)とされている。

[鈴木幹也]

『ジャン・ブラン著、鈴木幹也訳『ソクラテス以前の哲学』(白水社・文庫クセジュ)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

イオニア‐がくは【イオニア学派】
〘名〙 紀元前六世紀頃イオニア地方で活動した哲学の一派。万物の始原(アルケー)を探究し、それを水、空気、火などにもとめた。主要人物はタレス、アナクシマンドロス、アナクシメネス、ヘラクレイトスらで、特に前三者を、出身の町の名にちなんでミレトス学派という。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

イオニア学派
イオニアがくは
古代ギリシアのイオニア地方に現れた自然哲学者の総称
前7世紀より,イオニア地方は先進のオリエント文明の影響を受けた。初めて学問を形成したのがタレース・アナクシマンドロス・アナクシメネスらで,これらを出身地の名称から特にミレトス学派と呼び,さらにヘラクレイトス・アナクサゴラスらを加えてイオニア学派と呼ぶ。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イオニア学派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イオニア学派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation