@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イオニア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イオニア
Iōnia
アナトリア(小アジア)西岸中央部とその周辺の諸島をさす古代ギリシアの地方名。前1200年以前からヒッタイト王国と接触,ギリシア人からはアシアス(アジア)と呼ばれた。おそらくアカイア王国の崩壊でアッチカ方面からイオニア系ギリシア人が東遷,その名を地名として残した。前8世紀からエフェソスミレトスキオス,サモスなど 12主要都市が興り,宗教的な汎イオニア連盟が成立し,オリエントとの交流で学芸が栄えた。前700年以降,黒海からスペイン沿海地方に植民し,そのためリュディアと争い制圧され,次いでアケメネス朝ペルシアの支配下に入った。前499年頃反乱して失敗したが,これがペルシア戦争の原因となった。前5世紀にはアテネスパルタに服し,前387年ペルシアに提供された。アレクサンドロス3世治下では名目上独立を保ったが,前2世紀ローマの属州アシアとなり,ビザンチン帝国治下でも,エフェソス,ミレトス,スミルナ,キオスなどは世界的都市として繁栄した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

イオニア(Iōnia)
小アジア南西部のエーゲ海沿岸と、その付近の諸島一帯の古称。前10世紀ごろから古代ギリシャ人が移住して、ミレトス・サモスなどの植民市建設芸術哲学が栄えた。現在はトルコ領。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

イオニア【Iōnia】
小アジア西岸の中央部,北はヘルモス川によってアイオリス地方と接し,南はマイアンドロス川流域南部を境としてドリス地方に接する,古代ギリシア世界の一地方。キオス,サモスなど前面の島々をも含む。古代オリエントの地を東に控え,常に政治的・軍事的脅威にさらされながらも,他方,交易や文化の面では地理的恩恵を受け,ことに前8世紀から前6世紀にかけて,ギリシアの先進地帯としての地位を維持した。この地方にギリシア人が本格的に進出し,定住したのは,ギリシア本土においてミュケナイ文明が崩壊したのち,前10世紀以降のことである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

イオニア【Iōnia】
トルコ南西部、エーゲ海沿岸の古地名。紀元前一〇世紀頃からギリシャ人が移住し、エフェソス・ミレトスなどの都市国家を建設。芸術・自然哲学が栄えた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

イオニア
いおにあ
Ionia
古代ギリシアの地域名で、小アジア西岸の南北約150キロメートルに及ぶ帯状の地域。紀元前1000年ごろにアテナイ(アテネ)を中心とするイオニア系のギリシア人により植民が行われ、前8世紀後半にはミレトス、キオス、サモスなどのポリスが形成された。同じころ、この地においてホメロスの二大叙事詩がまとめられている。この後ギリシア世界の先進地域として発展し、植民市建設にも積極的に参加した。前600年ごろにはミレトスのタレスにより哲学が創始された。前6世紀に入ると、リディア、のちペルシアの支配を受け、前5世紀初めには反乱を起こすが失敗した。これがペルシア戦争の発端である。この後解放されたイオニア諸市の大半はデロス同盟に加わった。前386年には、名目的ではあるがふたたびペルシア支配下に置かれ、アレクサンドロス大王の東征後はマケドニア、のちにペルガモンの領土に編入され、前133年にローマの属州とされた。[前沢伸行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

イオニア
(Ionia) 小アジア西岸、エーゲ海に面する古代地名。紀元前一〇世紀、古代ギリシアの一種族のイオニア人が移住し、ミレトス、サモス等一二の植民市を建設、約四〇〇年間繁栄した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

イオニア
Ionia
小アジアの西部沿岸と付近の諸島の総称
ギリシア人の植民がいち早く行われ,前10世紀の半ばごろには,すでにイオニア都市国家(ミレトス・エフェソス・サモスなど)が成立した。早くから先進オリエント文明に接し,商工業・貿易・学問(イオニア学派など)・芸術はギリシア本土より早く発展した。オリエントとの通商の要地であったため,諸民族の抗争の地となった。まず,前492年に起こったペルシア戦争では,アテネとデロス同盟を結んだが,のちアケメネス朝(ペルシア)の支配下にはいり,ヘレニズム時代〜ローマ時代には国際的都市として商業が発達した。のち,イスラーム諸王朝の進出に続いてセルジューク朝の支配下にはいり,一時ビザンツ帝国が回復したが,14世紀後半からオスマン帝国の勢力下にはいり,ヨーロッパと切り離されて今日に至っている。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イオニア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イオニアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation