@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イオン交換膜法製塩【イオンこうかんまくほうせいえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イオン交換膜法製塩
イオンこうかんまくほうせいえん
海水中の塩分をイオン交換膜を用いて電気エネルギーにより濃縮する製塩法両端電極を入れたのなかに陽イオン交換膜陰イオン交換膜を交互に配置して海水を流し,直流電圧をかけると,イオン状に存在する分が交換膜の間の隔番の濃縮室に集って濃縮される。それを蒸発釜で煮つめて製塩を行う。なお,濃縮室の間には逆に塩分の薄い希釈海水ができる。アメリカなどでは海水の淡水化にイオン交換膜法が開発されたが,日本では製塩法として 1950年頃から試験され,60年には中間工業化され,72年から,第4次塩業整備により国内製塩のすべてがこの方法によって行われるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イオン交換膜法製塩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イオン交換膜法製塩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation