@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イオン化【イオンカ】

デジタル大辞泉

イオン‐か〔‐クワ〕【イオン化】
電気的に中性原子分子が、電子を失うか得るかしてイオンになること。電離

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

イオン化
 中性の電荷をもっていない原子や分子が,電子を受け取ったり,放出したりしてイオンになること.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いおんか【イオン化】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

イオンか【イオン化】
中性の原子・原子団・分子などがイオンになること。電離。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

イオン‐か ‥クヮ【イオン化】
〘名〙 原子または分子が、電子を失うか、あるいは得ることによってイオンになること。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

イオン化
イオンカ
ionization

電離ともいう.中性原子,分子,遊離基などが1個以上の電子を失うか,得るかしてイオンとなること.孤立系でのイオン化は,イオン化電圧以上のエネルギーをもつ電磁放射線のエネルギーを吸収する(放電を含めて)か,高温(炎のなかなど)にするか,高温物体の表面にあてるか,強い電場の作用などにより正イオンが生成する.一方,電子親和力が正である中性粒子が遅い電子を捕獲するか,電子を捕獲した分子が解離して電子親和力が正である原子,遊離基などが負イオンとなるか,励起原子,分子などから電子移動反応により電子を捕獲するかして負イオンが生成する.正・負イオンとも基底状態にあるイオンは,ほかの粒子や物体との相互作用がないかぎり安定であり,たとえば電離層は長時間安定に存在するイオンにより形成されている.ただし,イオンはその電荷のために作用半径が大きいので反応性が高く,イオン-分子反応はほかの化学反応より一般に反応速度が大きい.イオンは放射線化学,放射線物理,高空圏の化学,プラズマ化学などのほか,生物化学などにも重要な役割を担うと考えられ,その素過程の研究は重要である.[別用語参照]イオン源

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イオン化
イオンか
電離」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

イオン化
いおんか

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イオン化」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イオン化の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation