@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イサベル1世【イサベルいっせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イサベル1世
イサベルいっせい
Isabel I, la Católica
[生]1451.4.22. マドリガル
[没]1504.11.26. メディナデルカンポ
カスティリア女王 (在位 1474~1504) 。フアン2世の子。異母兄カスティリアエンリケ4世 (不能王)の相続者となり,1469年アラゴン王子フェルナンドと結婚。 74年カスティリア女王となる。しかしポルトガル王アフォンソ5世 (アフリカ王) はエンリケ4世の女婿であったところから,みずからの王位継承権を主張,カスティリアの貴族と結んで争乱が絶えなかった。しかし 76年カスティリア軍は,ポルトガル軍を破り,イサベルの王位は安定した。 79年フェルナンドはアラゴンの王位を継承しフェルナンド2世 (カトリック王)となり,ここにカスティリア,アラゴン両国は統一され,イサベル1世とフェルナンド2世により共同統治されることになり,スペインの歴史が始る。続いてこのカトリック夫婦王は 92年,イスラム教国の最後の拠点グラナダを征服,イベリア半島からイスラム教徒を追放して国土回復運動を完了した。これを機に,国王直属の軍隊の強化,国内治安の回復,経済の整備,貴族の官僚化,各コルテスの中央への服従などをはかり,さらに宗教裁判やユダヤ人追放などを通じてスペインの中央集権化をはかった。フェルナンドが戦場に終始することが多かったのに対して,イサベルは国内統治に専念しその名声を高めた。 C.コロンブスを援助して西インド諸島を手に入れるなどその施策は的確であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

イサベル1世
生年月日:1451年4月22日
カスティリア女王(在位1474〜1504)
1504年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イサベル1世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イサベル1世の関連情報

関連キーワード

デリー・サルタナットローディー朝ロディー朝メフメト(2世)ローディー朝ロディー朝昭和南海地震の被害イサベルグラスゴー高麗史

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation