@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イシガキダイ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イシガキダイ
Oplegnathus punctatus
スズキ目イシダイ科の海水魚全長 40cm。体は著しく扁し,全身白黒の石垣状の模様がある。釣魚として有名。高級食用魚で美味。ササラダイ,モンコウロウなど多数の地方名をもつ。本州中部以南,朝鮮南シナ海分布する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

イシガキダイ【Oplegnathus punctatus】
スズキ目イシダイ科の海産魚(イラスト)。同科のイシダイ(イラスト)には横縞があるが,イシガキダイには縞はなく,石垣状の黒い斑紋が密に分布する。稚魚が流れにつき,歯が接合してくちばし状になるなどイシダイとよく似た生態,形態をもつ。しかし,イシガキダイのほうがより暖海性で,本州中部以南に見られ,また日本海側には少ない。また,イシダイがどちらかといえば内湾性であるのに対し,外海荒磯を好む。伊豆七島などはイシガキダイのほうがずっと多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

イシガキダイ
いしがきだい / 石垣鯛
spotted parrot fish
[学] Oplegnathus punctatus

硬骨魚綱スズキ目イシダイ科に属する海水魚。本州中部以南、南シナ海に分布し、岩礁にすむ。伊豆半島や伊豆諸島などの暖海の磯(いそ)に多い。全長45センチメートルに達し、体形は近縁種のイシダイによく似ており、体は高く、強く側扁(そくへん)する。鱗(うろこ)はきわめて小さい。口は小さく、歯は石灰質に取り込まれ、あごの骨とともに嘴(くちばし)状となる。これは小さい歯が多数癒合してできたものである。体色はイシダイと異なり、大小の黒色斑点(はんてん)が散在する。ときには両種の性質を備えた横縞(よこじま)と斑点の両方がある個体がみられる。このような個体はイシダイの両親から生まれることもあり、またイシダイとイシガキダイの交雑によって生まれることも実験されている。イシガキダイの成魚は斑点が不明瞭(ふめいりょう)となり、口辺は白く、釣り人はクチジロとよんでいる。産卵期は初夏で、孵化(ふか)した稚魚は流れ藻の下に集まり、浮遊性の甲殻類を食べて成長する。全長4~5センチメートルになると流れ藻を離れ、海岸近くで生活する。全長15センチメートルくらいになると岩礁にすみつき、堅い歯でサザエ、アワビ、ウニ、フジツボ、カニなどをかみ砕いて食べる。イシダイと同様に磯釣りの対象魚で、洗い、刺身、煮つけなどにされ美味である。

[片山正夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イシガキダイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イシガキダイの関連情報

関連キーワード

トマホークペースメーカ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation