@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イシュタル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イシュタル
Ishtar
バビロニアの女神。ギリシア神話ではアスタルテシュメール語ではイナンナと呼ばれる。新石器時代以後,西アジアに広く信仰された。豊穣神かつ好戦的軍神。天神アヌあるいは月神シンの娘で,太陽神シャマシュと死神エレシュキガルの妹の地位を与えられ,メソポタミアのほとんどすべての都市の守護神の配偶者として崇拝された。『ギルガメシュ叙事詩』では,英雄ギルガメシュに愛を求めて拒否され彼を殺そうとするが,彼とその友人エンキドゥの抵抗によって果たせずに終わった。ギリシア神話に影響を与えているイシュタル・タンムズ神話のヒロインで男神タンムズ愛人とする。のちに,西アジア各地の新石器時代遺跡からテラコッタのイシュタル神像が多数発掘されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

イシュタル(Ištar)
古代メソポタミア・西アジアで信仰された豊饒多産の女神。フェニキアではアシュタルテとよばれ、ギリシャのアフロディテにあたる。
[補説]作品名別項。→イシュタル

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イシュタル【Istar】[曲名]
《「イスタール」とも》ダンディの管弦楽曲。正式名称は「交響変奏曲イシュタル」。1896年作曲。古代メソポタミアの女神イシュタル死者の国へ下る様を描いた作品。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

イシュタル【Ishtar】
バビロニアの代表的な女神。シュメールではイナンナInanna(〈天の女主人〉の意)と呼ばれ,カナンのアスタルテ,ギリシアのアフロディテ,ローマのウェヌス(ビーナス)に相当する。イナンナ,イシュタルは楔形文書に最も頻繁に現れる女神で,その祭儀はウルク,キシュのほか多くの都市で見られた。イナンナはウルク古拙文書(前3000年ころ)に,またイシュタルはエシュダルEshdarという古名で古アッカド時代の文書に既に検証される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

イシュタル
いしゅたる
Ištar

古代メソポタミアのアッシリア・バビロニア地方で崇拝された女神。南セム人の男神アスタルと関係があると思われ、後代には西セム人のフェニキアで、アシュタルテの名で崇拝された。ギリシアの女神アフロディテともなんらかのつながりがあると考えられる。この女神はシュメールの女神イナンナ(シュメール語でニン・アンナ、「天神の奥方」の意)を引き継ぐもので、天体神としては天神アヌの娘である金星を表すものとされた。南メソポタミアのウルクが、イナンナ=イシュタル崇拝の中心地であり、ここにはこの女神に捧(ささ)げられた神殿があった。アッシリア・バビロニアの『タンムーズ神話』の、たとえば『イシュタルの冥界(めいかい)下降』では、冬に死んで春によみがえる植物神タンムーズ(シュメール語でドゥム・ジ・アブズ、「深淵の真の子」の意)を追いかけて冥界まで下る地母神的な女神として表されているが、他方『ギルガメシュ叙事詩』では、英雄ギルガメシュを誘惑して拒否されると、激怒して戦いを引き起こすという戦闘的な女神が描かれている。このように愛と豊饒(ほうじょう)の守り神であるとともに、男性的な戦士の性格をもつ女神であった。

[矢島文夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

イシュタル
(Ishtar) バビロニア・アッシリアの女神。シュメールのイナンナと同一視される。愛の女神・戦争の女神であり、天の女王とも呼ばれる金星の神。メソポタミアのビーナス。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

イシュタル
Ishtar
バビロニア・アッシリアの豊穣・愛欲・戦争をつかさどる女神
アッシリアの勢力増大にともなって各地に広がり,セム語族系民族の神話にも影響を与えた。シリアのアシュタルテ女神,ギリシアのアフロディテの原型とされる。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イシュタル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イシュタルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation