@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イスキア島【イスキアとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イスキア島
イスキアとう
Isola d'Ischia
古代名ピテクザエ Pithecusae,またはアエナリア Aenaria。イタリア南部,ナポリ湾頭の島。ナポリの西南西約 29km,カンパーニア州ナポリ県に属する。長さ約 8km,幅約 6kmの火山島で,エポメオ山 (790m) が最高点。温泉と風景の美しさで知られる保養地。 1302年までたび重なる噴火で,住民は何度も島を放棄した。農業はブドウオリーブ柑橘類穀類が中心。イオニアの植民地 (前8世紀以後) 。エトルリアとの通商で栄え,多くの遺跡陶器が出土。イスキアが主要な町。面積 47km2。人口1万 6433 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

イスキア‐とう〔‐タウ〕【イスキア島】
Isola d'Ischia》イタリア南部、ナポリ湾の北西部、ティレニア海にある火山島。プロチダ島とともにフレグレア諸島に属す。島の最高峰はエポメオ山(標高788メートル)で13世紀以降は大きな噴火はない。温泉保養地として有名。紀元前8世紀に古代ギリシャが植民市を建設し、地中海交易の中継地として栄えた。古代ローマ時代から続くワイン産地としても知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

イスキア島
いすきあとう
Ischia

イタリア南部、ナポリ湾の北西端、ティレニア海に浮かぶ火山島。イスキア(人口1万8146、2001国勢調査速報値、以下同)、カザミッチョラ(人口7347)、ラッコ・アメーノ(人口4239)、フォリオ(人口1万4536)、セッラーラ・フォンタナ(人口3060)、バラーノ(人口8577)の六つのコムーネ(市町村)よりなる。面積46.5平方キロメートル。島内最高峰は標高788メートルのエポメオ山。最後の噴火は1301年にみられた。気候は温暖で、古くから温泉地として知られる。また第二次世界大戦後は海水浴場としても脚光を浴びている。ブドウ、オリーブ、柑橘(かんきつ)類などの栽培が行われる。

[堺 憲一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イスキア島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イスキア島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation