@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イスクラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イスクラ
Iskra
1900年 12月,レーニンが国外で創刊した,ロシアにおける最初の全国的なマルクス主義地下運動新聞。イスクラは「火花」を意味し,プーシキンに対するシベリア流刑中のデカブリストの憧憬的な答辞「火花から炎は燃上がる」からとられた。当初,編集部は「新世代」のレーニン,L.マルトフ,A.N.ポトレソフ,「旧世代」の G.V.プレハーノフ,P.B.アクセリロード,V.I.ザスーリッチで構成された。 03年7~8月ロシア社会民主党第2回大会で党中央機関紙に指定され,レーニンも編集委員に選出されたが,11月委員会をメンシェビキに占拠され,それ以後は彼らだけの機関紙となった。したがって,03年 11月同紙 52号以降のイスクラを新イスクラといって,それ以前のレーニンが統制していた頃のものと区別している。 05年 12月 (第 112号) まで続いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

イスクラ【Iskra】
ロシア社会民主労働党の機関紙。〈火花〉の意。デカブリストをたたえたプーシキンの詩にA.I.オドーエフスキーがこたえた詩の一節〈火花から炎が燃え上がるだろう〉から採られた。内外の修正主義の登場に危機感を抱いたレーニン,A.N.ポトレソフ,マルトフが,これと闘うために計画し,労働解放団と協力して1900年末ライプチヒで非合法に発刊した。新聞をロシアに持ち込み配布する協力者グループの組織や配布網の整備を通じ,イスクラ派は党内最大勢力となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

イスクラ
いすくら
Искра/Iskra

革命的マルクス主義者の最初の全ロシア的な非合法新聞。イスクラ(火花)の名は、デカブリストがプーシキンに与えたことば、「火花から炎は燃えあがる」からとられたものである。最初の編集委員はレーニン、マルトフ、ポトレソフАлександр Николаевич Потресов/Aleksandr Nikolaevich Potresov(1869―1934)のほか、「労働解放」団のプレハーノフ、アクセリロード、ザスーリチ。創刊号は1900年12月にライプツィヒで、2号以下発行地はミュンヘン、ロンドン、ジュネーブと移った。平均発行部数8000。レーニンは創刊号掲載論文で、ロシアにおけるマルクス主義政党の創立の重要性を説き、全国的新聞の思想的、組織的必要性を主張した。03年のロシア社会民主労働党第2回大会に際しては、ボリシェビキ的な党の綱領と規約を準備して決定的役割を果たした。03年11月、メンシェビキの手に編集が移り、52号以降05年112号まで発行された。

[木村英亮]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

イスクラ
Iskra
ロシア社会民主労働党の機関紙の名称
「火花」の意。1900年12月レーニンらが創刊。革命運動の理論と組織の強化に重要な役割を果たした。党の分裂(1903)後はメンシェヴィキ派の機関紙となった。名称は,プーシキンが流刑中のデカブリストに送った挨拶に対する答辞の,「火花よりぞ焔は燃え立つ」に由来。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イスクラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イスクラの関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門パリウンベルト1世義和団事変ケイロース酒井雄三郎ドールセントルイス・カージナルス耐火物ベルトルッチ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation