@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イスラエル国【イスラエル】

デジタル大辞泉

イスラエル(Israel)
ヘブライ語で、神が支配する意》
アジア南西部の地中海東岸にある共和国。正称、イスラエル国。首都はエルサレムとするが、国際的には未承認で、実質的にはテルアビブが政治・経済の中心都市。言語はヘブライ語アラビア語、宗教はユダヤ教。国土の大半は砂漠地帯であるが、緑化事業が進められ、工業も発達。シオニズムによって19世紀末からユダヤ人の入植が増大、英国のパレスチナ委任統治終了後、1948年独立。アラブ諸国に囲まれ、対立・抗争が絶えない。人口635万(2006)。
旧約聖書で、神ヤーウェに選ばれた契約の民であるヤコブとその子孫12部族の総称。アラビア砂漠に興ったセム系の遊牧民で、後にエジプトに居住。前13世紀にモーセに導かれてエジプトを脱出し、カナーンに定住。前11世紀の終わりごろサウルを王として統一王権が成立し、ダビデソロモン両王の時に最も栄えた。前928年、北のイスラエル王国と南のユダ王国の2王国に分裂。前721年イスラエルはアッシリアに、前586年ユダは新バビロニアに滅ぼされた。バビロン捕囚など逆境のうちにユダヤ教が成立。前63年ローマの支配下に入ったが、のち滅ぼされ、ユダヤ人は世界各地に離散した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

イスラエル国
イスラエルこく
Republic of Israel
東地中海に面するユダヤ人の民族国家
70年ローマに滅ぼされて以来,ユダヤ民族は各地を流浪したが,ユダヤ教の信仰にささえられて祖国復活を願い,19世紀末よりシオニズムが盛んになった。第一次世界大戦の際のバルフォア宣言以後,ユダヤ人はイギリス・アメリカに支援されてパレスチナに移住を始め,第二次世界大戦後の1947年国際連合でパレスチナ分割案が可決されると,翌48年イギリスの委任統治廃止後,独立した。いっぽう,分割案とその後の独立を認めないアラブ民族との抗争が激化し,独立時のパレスチナ戦争,1956年のスエズ戦争,67年,73年の中東戦争などが発生した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イスラエル国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イスラエル国の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation