@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イソブタン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イソブタン
isobutane
化学式 (CH3)2CHCH3 。石油分解ガスに含まれていて弱い石油様のいをもつ無色気体。沸点-11.7℃。容易に液化するので,液化ガスとして家庭用,工業用燃料に用いられる。引火性および爆発性がある。イソパラフィン類の合成原料で,脱水素により合成樹脂原料のイソブチレンの製造原料ともなる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

イソブタン(isobutane)
CH3CH(CH32示性式で表される、ブタン異性体の一つ。炭素鎖が枝分かれした構造をもつ。フロンの代替品として冷蔵庫などの冷媒として用いられる。2-メチルプロパン。→正ブタン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

イソブタン
イソブタン
isobutane

C4H10(58.12).CH3CH(CH3)CH3.トリメチルメタン(trimethylmethane)ともいう.脂肪族飽和炭化水素(アルカン)の一つ.分枝状パラフィンのもっとも簡単なもの.湿性天然ガス,石油系炭化水素の分解ガス中に含まれる.上記ガスより分離されるほかに,n-ブタンの異性化によっても生成される.構造は,プロパンの中心炭素と結合している水素の一つがメチル基と置換した形をとる.無色,特異臭をもつ気体.融点-159.60 ℃,沸点-11.73 ℃.容易に液化する.化学的には安定であるが,引火,爆発性がある.爆発範囲1.8~8.4体積%.液化石油ガスの成分として燃料に用いられるほか,オレフィンによりアルキル化されて,C6~C8 のイソパラフィン類(アルキレートガソリン)の製造原料,また脱水素によるイソブテン製造の原料に用いられる.[CAS 75-28-5]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

イソブタン
いそぶたん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イソブタン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イソブタンの関連情報

関連キーワード

誘導分解ケトン強塩基ヘキサンアルカンカルボン酸セランプルンバン巨赤芽球性貧血スタンナン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation