@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イチゴ(苺)【イチゴ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イチゴ(苺)
イチゴ
Fragaria chiloensis var. ananassa; strawberry
イチゴは広義にはバラ科のヘビイチゴオヘビイチゴシロバナノヘビイチゴなどの多年草や,カジイチゴナワシロイチゴフユイチゴなどの落葉小低木 (キイチゴ類) をさす。いずれも野生種で無毒,食べられるものも多い。また一般には,イチゴといえば栽培種のオランダイチゴ (ストロベリー) をさす。これは南アメリカ (チリのチロエ島) 原産といわれるが,日本には天保年間 (1840頃) にオランダ人によってもたらされた。地下の根茎から多数のランナー (走出枝) を出してふえ,長い柄のある3出複葉の根生葉を密につける。春から夏にかけて,白色5弁の花をつける。果実は花床が肥大した偽果で,表面についているゴマのような粒が,めしべの変化したほんとうの意味の実である。果実をそのまま食べるほか,ジャムや菓子の原料に加工する。世界各国で改良され,多数の品種がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

イチゴ【イチゴ(苺) strawberry】
バラ科の多年草(イラスト)。ビタミンCの含有量が多く,果物の少ない春先出荷で生産が飛躍的に伸びた。オランダイチゴともいう。
形状
 地下茎は太く,数本の長い走出枝(ランナー)を出し,それに幼植物をつくる。根出葉は3小葉からなり,托葉がある。多くは4~5月に,葉柄の長さぐらいの花茎を伸ばし,数個の白い花をつける。花弁は5枚,萼片および副萼片は5個,おしべは普通20本,めしべは多数。果実と呼ばれるのは花托が肥大したもので,真の果実は実の表面に着生している小粒状の種子(瘦果(そうか))である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

イチゴ(苺)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イチゴ(苺)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation