@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イチゴツナギ【いちごつなぎ】

世界大百科事典 第2版

いちごつなぎ【イチゴツナギ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

イチゴツナギ
いちごつなぎ / 苺繋
[学]Poa sphondylodes Trin.
イネ科(APG分類:イネ科)の多年草。別名ザラツキイチゴツナギ。稈(かん)は株立ちして直立し、高さ30~60センチメートル、花序の枝とともに逆向きのざらつきをもつ。葉舌(ようぜつ)は披針(ひしん)形で膜質、長さ3~8ミリメートル。花期は5~7月。小穂は数個の小花からなり、包穎(ほうえい)はやや同形で、護穎(ごえい)よりかなり短い。護穎は5脈があり、芒(のぎ)はなく、竜骨と側脈に白色綿状の軟毛がある。日本全土の山野にみられる雑草で、中国、シベリア東部に分布する。名は、この稈を使って子供がイチゴの実を突き刺して持つことによるという。近縁の種類が多く、葉舌、護穎の綿毛、葯(やく)の長さなどの相違で区別する。[許 建 昌]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イチゴツナギ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イチゴツナギの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation