@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

イトカケガイ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

イトカケガイ
Epitoniidae; wentletrap shell
軟体動物門腹足綱イトカケガイ科の貝の総称。日本産は約 100種。は多くは白色で,螺塔は高く,螺層はふくらみ,殻頂より体層へ強い板状のが走る。この肋を糸に見立ててその名がついた。動物体は雄性先熟の性転換を行う。また軟体には紫色の液を出すがあり,口には翼舌という多くの鋭くとがった歯が下し金状に並び,イソギンチャク類触手や体壁の組織を削り取って食べる。産卵期には餌となるイソギンチャクの近くに弾力性のある糸でつながった卵嚢を産みつける。卵嚢の表面には砂粒が付着し,はこれに埋もれていて,小さい雄がその周囲にいる。オオイトカケ Epitonium scalareは大型で殻高 5.5cm,殻径 3.3cm,殻表は白色で強い縦肋がある。貝類中最も優美な種で,貝類収集家の間で高価で売買され,そのため中国で模造品がつくられたほどである。またナガイトカケAmaea magnificaは殻高 10cm,殻径 4cmに及ぶ最大種で,殻表は白色,布目状になっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

イトカケガイ
いとかけがい / 糸掛貝
wentletrap shell

軟体動物門腹足綱イトカケガイ科Epitoniidaeに属する巻き貝の総称。同科は、日本には約100種を産する。殻は多くの種で白いが、淡褐色の帯状やまだら模様のあるものもある。成長線に沿って強い板状肋(ろく)があり、これを糸に見立ててこの名がある。中に板状肋と交差する螺肋(らろく)があるため布目状彫刻のみられるものもある。殻口は丸く、水管はない。蓋(ふた)はオオイトカケガイ類のように黒くやや厚いものと、ナガイトカケガイ類のように黄色く薄いものとの2様がある。雄性先熟で雌雄異体、通常大きい個体が雌である。紫色の汁を出す腺(せん)があり、口の歯舌には同形同大の鋭い歯が多数あり、おろし金状になっていて翼舌形といわれる。この歯舌は、イトカケガイ類がイソギンチャク類の体表に取り付き、表皮から体液を吸う食性に適している。潮間帯にすむ種は、砂を集め卵嚢(らんのう)をつくって卵を入れ、弾力性のある糸でつなぐ。雌はこれに埋もれていて、雄はその周囲にいる。代表的な種の一つであるオオイトカケガイEpitonium scalareは日本、中国に分布し、殻高は70ミリメートルぐらいに達し大形で美しく、19世紀には西欧のコレクターの需要があるため偽物がつくられたという逸話がある。

[奥谷喬司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イトカケガイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

イトカケガイの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation